現在17271個の困ったを解決できます!

2014月9月4日更新

男性の「彼女はいらない」発言の理由

2864 views

好きな人が「彼女なんていらない」と言っていて、落ち込んでいます…(大学3年生・女性)


 

two happy girlfriends and one boy at cafe.

© BlueSkyImages - Fotolia.com

 

男性に彼女がいるかどうかを聞いた時、
「いる」「いない」では無く、「彼女がいらない」という答えをする人もいます。

この「彼女がいらない」という心理は一体どういうものなのか
女性からすると不思議に思えるかもしれません。

ましてや、好きになった人が「彼女がいらない」と発言していたら落ち込んでしまいますよね。

一口に「彼女がいらない」と言ってもいろいろな理由がありますので、
そんな男性心理を紹介いたします。

 

本心から必要がないパターン



最初に紹介するのは本心から彼女を必要ないと思っている男性です。
このタイプの男性は本心から彼女を必要ないと考えているので付き合うのはなかなかに難しいです。

 

プライベートが非常に充実している



プライベートの時間を趣味に使いたい、男友達とバカ騒ぎしたいなど、
日々が楽しく充実している人の中には、彼女が必要と感じたり寂しいと感じたりしない人もいます。
仕事以外の時間は遊ぶことに費やしたい人もいます。

このような男性の場合は恋愛感情を押し出して行くのではなく、
同じ趣味で楽しめるような間柄を目指すのがよさそうです。

 

一人の時間を楽しみたい



何時かは結婚をして家庭を持つ事を考えているからこそ、
一人で自由気ままに過ごせる時間が貴重だと考えている男性もいます。
家庭を持った時の責任感があるからこそ自由な内にやれることをやりたいのです。

このような男性は付き合うことを真剣に考えるので、あなた自身も真剣に考える必要があります。

 

付き合うことが面倒に感じてしまう



誰かと付き合ったり一人に束縛されずに気楽に遊びたいと考えている男性もいます。
このような男性は遊び相手の女性であれば欲しいが付き合うほど深い関係の女性はいらないことが多いです。

 

何らかの理由があるパターン



次は本心から彼女が必要ないと発言しているのではなく、
何らかの事情がある為、必要ないと発言しているパターンを紹介いたします。

 

前の恋愛を引きずっている



別れた直後であったり、別れて時間は経過しているものの前の彼女が忘れられないと考えている男性もいます。
男性は恋愛を引きずりやすいのでこのような男性もいます。

このような男性であればまだ付き合う事が出来る可能性があります。
前の恋愛を忘れて今を見てもらう為には時間はかかってしまうかもしれませんので粘り強い姿勢が必要です。

 

自分のことで余裕がない



経済的に余裕がない、求職中で余裕がない、このような男性は意外とたくさんいます。
また、彼女を作ることに限らず自分自身の問題を解決するまでは他のことを考える余裕が有りません。

このタイプの男性は問題が解決するまでは付き合う事は難しいかもしれません。
ですが、問題が解決することを手伝うことによって、
問題が解決した時に一番近くにいる女性のことを意識してくれる可能性もあります。

 

自分に自信がない・何らかのトラウマがある



彼女が欲しいけど自分じゃ彼女が出来ないと思い込んで「彼女がいらない」と強がって答える男性もいます。

過去に女性に手酷く振られたことがある男性や、
女性との接点が少ない男性がこのように答えることがあります。

もし、このような男性を好きになった場合は、
しっかりと好意を伝えることが出来れば付き合うことは難しくなさそうです。

 

珍しいパターン



男性の中には全く別のタイプがいます。

 

彼女を作るという概念がない男性



どのような男性かと言いますと少年のまま大人になった男性です。
女性が嫌いなわけではなく女性と付き合うということを全く考えたことがないのです。

このような男性は簡単なように見えて付き合うのは非常に難しいです。
なぜなら、付き合うという概念がないので友達と彼女の違いが分からないのです。

その為、長い時間をかけて自分を意識してもらうことがよさそうです。

 

最後に



「彼女がいらない」という言葉は同じでもその裏にある心理はいろいろとあります。

もし自分が好きな男性が「彼女がいらない」と発言していたとしても、
どのような理由で言っているかということを考えるのがよさそうです。

今回紹介させていただいた内容が男性心理を理解することに役立てば幸いです。

2014年9月4日

written

by クマノ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop