現在17271個の困ったを解決できます!

2014月9月6日更新

理系に進んだ大学生が絶対に知っておくべき5つのこと

13748 views

文系にしようか理系にしようか迷ってます。理系のほうがやっぱり就職いいんですよね?(高校1年生・男性)


実験

© sumire8 - Fotolia.com

 

大学には文系と理系の二つの系統があります。

理系の大学生はどちらかといえば実験や実習が多いです。

それに伴って自ずと忙しくなるわけですがそんな理系の大学生が絶対に知っておくべきことがあります。

今回はその中でも5つに絞って紹介していきます。
 

⑴数式のショートカット



理系の大学生は毎日のようにレポートに追われるわけですがそのレポートには数式を書かなければならないことも珍しくありません。

そこで今回は数式をとても簡単に入力できるショートカットについて厳選した5つをご紹介したいと思います。

1つめは積分(インテグラル)です。

¥int@I¥dd@tと入力すると積分が入力できます。

@はスペースです。

間違いのないようご注意ください。

2つめは特殊文字ω(オメガ)です。

これは¥omega@と入力するとωが入力できます。

3つめはπ(円周率 パイ)です。

これは¥pi@と入力するとπが入力できます。

4つめは∞(無限大)です。

これは¥inftyと入力しスペースキーを押すと∞が入力できます。

5つめはÅ(オングストローム)です。

これはcommand+Iを押して斜体ではない入力方式にしてからA¥above@¥circ@@と押すとÅが入力できます。

最初のcommand+Iを省いてしまうとAが斜めになってしまいます。

ご紹介した5つのショートカットはよく使うため知っているととても便利です。
 

⑵勉強は一年生から



理系の大学、いわゆる医学系・薬学系・機械工学系・情報系などの大学では多くの大学が一年生の段階で基本的なことを教えます。

一年生で習ったことは二年生・三年生で必要になってくる知識です。

学年が上がるにつれて勉強内容もより専門的かつ難易度の高いものになります。

当然、一年生で習ったことが理解できていなければ二年生・三年生で習う講義内容も理解できません。

つまり、理系の大学生は一年生で習ったことは一年生のうちに勉強をしてしっかりと知識を定着させておく必要があるのです。
 

⑶就職には有利



理系の大学は手に職をつけるような学部がほとんどです。

ですから就職も有利です。

就職が有利な学部を順にご紹介します。

医歯薬系、工学系、農学系といった感じです。

今回は簡単に紹介しましたが製造関係の職業に就く学部が多いように感じます。

やはり専門的な職業が多いため就職先は多岐にわたります。
 

⑷理系は学費が高い



理系の大学は専門的なことを学ぶため専門的な科目も多くあります。

自ずと授業にかかるお金も高くなります。

単位一つにかかるお金は

国公立:約3.5万円

私立:約8万円

私立医学系:約23万円

となっています。

学費を払って頂いてる両親に感謝をするためにもしっかりと勉強して親孝行をしてください。
 

⑸効率の良い勉強方法



理系の大学生は科目数も多いため勉強量がどうしても増えてしまいます。

そこで今回は効率のいい勉強方法をご紹介します。

それはまとめノートを作ることです。

大学ノートではなくルーズリーフを使用してください。

大学ノートだと何冊にもなってしまい後から見にくくなってしまいます。

しかしルーズリーフだと何枚になっても一つのファイルに収めることが可能です。

罫線の感覚が広いものをオススメします。

学問に対する強い興味を持ち集中し関連性に注意して深く理解することが効率の良い勉強をするための心構えです。

どの学部にも当てはまると思うので参考にしてください。

 

2014年9月6日

written

by けん玉


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop