現在17272個の困ったを解決できます!

2014月9月11日更新

腫れぼったい目元もスッキリ☆まぶたのむくみの原因と治し方

29796 views

毎日朝起きるとまぶたがむくんでいるのですが、どうすれば朝からスッキリした目元で外出することができるでしょうか?教えて下さい。(大学1年生・女性)




画像出典 http://www.skincare-univ.com/

 

腫れぼったい目をした自分の顔を鏡で見ると、「人に見せられない!」と困ってしまいますよね。
前日泣きはらしたのであれば、それが原因とすぐに分かりますが、理由がよく分からない場合もあります。
それだと、どうやってまぶたのむくみを解消したらよいかも分かりません。

そんな私たちを困らせるまぶたのむくみの原因と、簡単にできる解消法についてまとめてみました。
朝、まぶたのむくみで緊急事態に陥った時に、ぜひ試してみてください。

◆まぶたのむくみの原因



身体の他の部分と比べて、まぶたはむくみやすいと感じたことはありませんか。
顔やまぶたの皮膚は、他の部分よりも薄いため腫れが出やすいのです。
まぶたにむくみが出たときには、そもそも身体全体も代謝が悪くなっており、むくんでいる可能性があります。

【食生活】



塩分を取り過ぎると、塩の成分であるナトリウム濃度を一定に保とうとする身体の機能が働き、水を必要とします。
余分な水分がむくみとなり、さらに塩分過多の状態が続けば、むくみを悪化させてしまうでしょう。
また偏食やダイエットによる食事制限、外食続きなどから起こる栄養不足もむくみに関係していることがあります。
タンパク質や、身体の水分調節を行うカリウム、代謝を促進するビタミンB群などが不足すると、むくみにつながります。

【疲労・運動不足・冷え】



身体が疲れていたり、睡眠不足が続くと、身体の代謝が下がって血行やリンパの流れが滞りがちになります。
同じ姿勢を続けたり、運動不足や、冷えた状態でも同様のことが起こります。
血液やリンパの循環が滞ると、老廃物や毒素、水分もため込まれてむくんでしまうのです。

【女性ホルモンの影響】



女性ホルモンの影響で、月経の1週間くらい前から月経中にかけて、身体が水分をため込もうとし、むくみが出やすくなります。

【寝ているときの体勢】



寝ているときは身体を横にしているので、立って活動しているときよりも、顔にむくみが出やすくなります。
うつぶせの体勢で寝たり、枕が低すぎるのも、むくみの原因となります。
枕の高さを調節したり、できるだけ仰向けで寝るようにするなど工夫してみてください。

※なかなか改善しないむくみには、病気が隠れていることもあります。
気になることがあれば、病院を受診することをおすすめします。

◆まぶたのむくみ、その解決法!



【目元を温冷タオルで刺激】



①準備:
タオルを3枚用意します。2枚はホットタオル用で、1枚は冷やしタオル用です。
3枚とも水で濡らしてよく絞ります。
ホットタオル用の2枚は電子レンジで1分ほど温めます。人肌より少し熱いくらいの温度にしてください。
冷やしタオルは冷蔵庫へ。

②方法:
ホットタオルの1枚目は首の後ろに当てます。もう1枚は目元にのせます。
30秒ほどしたら目元のタオルを冷たいものと交換します。
これを数回繰り返すことで、血管の拡張と収縮を促し、顔や目元の余分な水分を排出します。

【目の周りのツボ押し】



①攅竹(さんちく):左右の眉頭の部分にあるくぼんだ部分。
顔やまぶたのむくみ、眼精疲労に効果があります。
両手の人差し指のはらで同時に押し上げるように刺激します。5秒くらいかけてゆっくりと行います。

②下清明(かせいめい):左右の目頭の下のくぼみ。
目の周りのむくみやクマに効果があります。
両手の中指の腹でゆっくりと刺激します。

【目元のストレッチ】



目の周りの筋肉を動かして、まぶたの血行やむくみを改善する方法もあります。
①まぶたをギュッと閉じて、数秒止める。そしてパッとひらくのを数回繰り返す。
②目を閉じた状態で、眉毛を上げ下げすることを数回繰り返す。

 

 

◆根本改善!生活習慣の見直し◆



すぐに解消できるむくみには、即効性のある方法も十分有効です。
しかし、根本からむくみを解消しようと思うならば、全身の代謝を改善していくことが必要となります。
食生活では、まずは塩分の取り過ぎに注意し、タンパク質(肉、魚、大豆など)やカリウム(すいか、バナナ、海藻など)、
ビタミンB群(レバー、いわし、かぼちゃなど)等が含まれるものを、バランスよく食べるようにしましょう。
また、血流をよくして代謝を活性化させるためにも、運動やマッサージを生活に取り入れてみてください。
ストレスや睡眠不足で疲れをため込まないようにすることも大切です。

 

目元も身体も、内側からスッキリ健やかな毎日を過ごしてくださいね。

 

 

2014年9月11日

written

by シトロン


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop