現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月5日更新

大学生のためのダーツバーの楽しみ方

752 views

 


ダーツバーに今度初めて行きます。ダーツバーでの楽しむポイントとかありますか?(大学2年生・男性)


 

普通のバーも良いけど、たまにはダーツバーとかにも行ってみたいな・・・。など
お酒解禁になったばかりの大学生にとってダーツバーは興味のある場所ではないでしょうか。
そんな大学生のあなたにダーツバーで楽しむ方法をご紹介します。

 

POINT1:最初は1人ではなく誰かと一緒に行く



ダーツバーで一人で楽しむのもアリなのですが、
最も楽しみやすいのは友人や先輩・後輩を連れて行くことです。
ドリンクの賭けをしやすいので勝負にも燃えます。

特にダーツ<お酒というスタンスでダーツバーに行きたいという人は
一緒に飲んでいて楽しい友人を連れて行くほうが良いです。

 

POINT2:ダーツのルールは簡単に予習しておく



ダーツの遊び方をある程度簡単に理解しておくと
プレイしやすいのではないでしょうか。
ダーツのルールをチェックしておきましょう

 

ダーツのルール



 

画像出典

 

 

ダーツ盤の見方



・ダブルブル(またはインナーブル)・・・中央の黒い丸の部分です。得点は50点。
・シングルブル(またはアウターブル)・・・ダブルブルの外側の赤い丸の部分です。

得点は基本的に25点ですが、ゲームによっては50点のときもあります。

・ダブルリング・・・赤と青の円の外側の部分です。得点はそのエリアのナンバーの2倍です。
・トリプルリング・・・赤と青の円の内側の部分です。得点はそのエリアのナンバーの3倍です。
・シングル・・・それら以外の扇形、台形の部分です。得点はそのエリアのナンバーです。


 

カウントアップのルール



ダーツのゲームの中で最もオーソドックスなプレイ方法です。
1ラウンド3投げ(ワンスロー)ずつ交代で、計8ラウンドします。

とてもシンプルなルールなので初心者にもおすすめです。

 

 

POINT3:ルールがわからない場合は周りの人に教えてもらう



 一人でダーツバーに行く場合、ダーツするのが初めてあれば、
そこでダーツをしている周りのお客さんに教えてもらってください。

ここで重要となるのが自分から声をかける努力をすることです。
ダーツバーの常連さんっぽいお客さんに目をつけると良いでしょう。
常連さんは話しかけると意外に快く接してくれることが多いです。

「え?でも迷惑じゃないか?それに気軽に周りのお客さんになかなか声掛けられないし・・・。」
とお客さんに教えてもらうように頼むのが億劫に感じる人は
店員さんに声をかけると良いです。
店員さんであれば丁寧に教えてくれることが多いのだとか。

ダーツバーを本当に楽しみたいのであれば
積極的に自分から話しかけることを心掛けてください。

 

いかがでしたか?
意外にも初心者でも簡単に始めることができるダーツバー。
始めはカウントアップで楽しんで、
慣れてきたらクリケットという難しいルールにも参加してみるというのもアリですね。
行ったことがないと言う人は友達を連れて是非行ってみてください。


 

 

 

 

2014年11月5日

written

by mana


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop