現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月4日更新

社会人になって実感した学生と社会人の違いまとめ

956 views

学生と社会人の大きな違いを教えてください。(大学1年生・男性)


女性
© naka

社会人になってからふと思い出すことが多い学生時代。社会人の今も精一杯人生を謳歌しています。

だけど、振り返ってみると、学生時代もよかったなあ、と思う事もあります。

そんな学生と社会人の違いをまとめてみます。

 

時間



学生と社会人の違いで良く話題にでるのが、“時間”ではなでしょうか。学生時代は、よくたくさん時間があるといわれますよね。社会人になるとまとまった時間をとることが大変難しくなってきます。

職種によっては、有給の取得がままならず、ましては休日出社も辞さないなんて場合もよくあります。それに比べて学生時代は、夏休みは最低でもまるまる1ヶ月はありますよね。その時間で、旅行や、バイト、サークルなどに時間を費やせます。冬、春休みが短かったという記憶がありますが、今となってはその2週間でも確実にとれるのであればうらやましい限りです。

社会人になると、いかに限られた時間で用事をすます、遊ぶ、何をしよう。という事を考えやりくりする事が上手になります。

 

アルバイト



学生の時は、気になった内容や時給で選び、自分に合わないとおもったら比較的に簡単に変えられるアルバイト。

社会人になる時は、単にやりたい事で会社を選びそこに就職するという事が実はすごく難しくなります。実際仕事を始め、その結果気に入らないことや嫌な内容であったとしても、せっかく入社できた会社です。そう簡単に次が見つかったり変えたりはできません。

そのため、いろんなアルバイトを試してみるのも将来の糧になりいい経験になります。大学2年生、3年生の就職活動が始まる前にはインターンをやってみるのもいいでしょう。
自分には何があっているのか、いろんな仕事に挑戦してみる事で新たな自分も発見できるかもしれません。

また、まとまった時間でボランティア等に行ってみることもよい事かもしれませんね。
 

お金



社会人になると勉強の時間もすべてお金をもらって仕事に費やしているので、学生よりお金を持っているのは当然です。

学生の本分は学業です。学業以外にがんばってバイトをしてお金を捻出している事を社会はわかっているので、学生には様々な優遇があります。学生の間にそれを思う存分に利用しておきましょう。

定期代や映画や美容院、レストラン旅行代など、“学生料金”を設けている場所はそれを使用しない分けには行きません。

ちなみに海外でも、国際学生証というものがあり、そのカードを持っていれば美術館や観光名所などの入館料が安くなるので持っていて損はありません。旅行の際はぜひ作って持っていきましょう。

 

休日



先でも触れたように、学生には時間がたくさんあります。また休日もたくさんあります。社会人になると週休は2日または、1.5日(土曜日が半休みや2週に1回が2日休み)そして連休ではなく、月に8日のシフト制だったりします。

忙しい先輩が休日にも目一杯遊んでいる姿をみて、なぜ休日に休まないのか聞いた事があります。その先輩曰く、休日に目一杯遊べば遊ぶほど平日に仕事を頑張れるんだそうです。ただぐだぐだ過ごす休日があってもよいけれど、休日にどれくらいたくさん遊んで心からリフレッシュするかが次の1週間を左右します。

皆さんも長い休日、休暇には目一杯遊んでしまいましょう!

 

学生時代も社会に出てからも、どちらも魅力な点があります。しかし人生は一度きり。過去に戻る事はできません。

今まさに学生の皆さんは、この記事を見て少しでも学生時代を満喫して欲してください。

2014年10月4日

written

by ruka


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop