現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月21日更新

元カノに未練のある彼氏の行動パターン7選

5946 views

友達が元カノに未練があるのかないのかわかりません、どうやって判断したらいいんでしょうか(大学3年生・男性)


あなたが大切な人と別れてしまったとき、いち早く復縁したい!と思うでしょう。

しかし、復縁を急いでしまうと逆に復縁から遠ざかってしまうことにつながります。復縁を望む男性にありがちな行動パターンをご紹介していきます。

 

今から紹介する1〜3は絶対してはいけないことです。

なぜなら、元カノに大きく引かれてしまう可能性があるからです。追いかけられると引いてしまうのが人間なので、ここは引いて冷静に考える時間をお互いに設けた方がいいこともあります。

ehestreit

© Kristin Gründler

1.すぐに連絡をとって会おうとする



これは一番ありがちなパターンです。振られてしまった人に多いことで、

まだ自分の中で別れた原因や振られた原因を見直せていないときに行動に起こしてしまうと、

元カノは次のような心情になります。

・彼氏の悪いところがあって反省してほしいのに、反省するつもりはないんだ
・結局私がいないと生きていけない依存体質だったのか
・もう二度と過去のような辛い思いはしたくない

この上記3点が心の中でわいてしまうと、なかなか復縁は難しくなります。

内面や行動はなかなか意識しても変えられない場合が多いです。

その際、やはり時間をおいて、自分を見直し、反省する時間があればあるほど元カノは安心出来るものです。

 

寂しさで連絡してしまうのも、ただの依存ととられる場合があるので注意が必要です。

 

2.つき合っていた頃の良い思い出だけ話し、戻ろうとする方向に話を持っていく



これは、ようやく会う事になった男性にありがちのパターンです。

思い出の場所に行って自分が楽しい思いをしたエピソードを永遠に話します。すると、これが逆効果になる場合が多いのです。なぜなら、つき合っていたころ、たくさんの思い出がありましたがあなたのいい思い出が必ずしも元カノにとっていいものだったかどうかはわかりません。

懐かしい思い出に浸って、元カノにそれを強要するのはよくありません。主に話しがちなトピックは以下のとおりです。

・初デートの場所
・食べたもの
・デートで行った場所と、そこでおこったハプニング
・元カノに相談にのってもらったシチュエーション

最後の「元カノに相談にのってもらったシチュエーション」は、一番デリケートな部分です。

つき合っていた時は聞いてくれていた悩みだったかもしれませんが、今は違います。
「あの頃は聞いてくれたよね。やさしかったなあ。」
など、今と違う事を言ってしまうと、元カノに対して今は相談も聞いてくれない悪い人、という印象を与えかねません。

3.相手に彼氏ができたかいち早く聞く



これも復縁したいがゆえに出てきてしまう行動です。

これをしてしまうと、別れたのに新しい人と付き合えない、つまり元カレに束縛されていると考え逃げたいという衝動にかられてしまいます。新しい彼氏ができて、あなたよりも良い人ならば復縁の可能性はないかもしれませんが、新しい彼氏とつき合う事であなたの存在の大きさを感じてくれる事もありますし、つき合ってからあなたの成長が見られれば、見直してくれる事も大いにあります。

 

その他にも以下の4点がありがちな行動です。

4.自分の非をなかなか認めようとせず、復縁に走る



→プライドが高い男性の傾向です。

5.過去の事ばかりに固執していいところばかり美化する



→こうしてくれた、ああしてくれたということだけ美化します。

6.元カノが他の人と付き合っていると奪おうとする



→力づくで取り返そうとするがゆえにストーカーになる傾向があります。

7.元カノの悪口を言う



→悪く言ってまだ元カノのことを好きなことを隠したり、嫌いになろうとしているのです。

 

このような、7つの行動が見えたときは安易に歩み寄るのではなく様子を見ながら相手に振り回されないようにしましょう。

2014年10月21日

written

by さっとんびーむ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop