現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月9日更新

ディズニーデートは別れる!?カップルで行くときの5つの注意点

1448 views

カップルでディズニーに行くと別れるって聞いたのですが、ホントですか?(大学1年生・女性)


出来るなら、楽しかったねと笑いあってデートを終えたいですよね。そんな素敵な思い出にするためのカップルで行くときの5つの注意点をご紹介致します。

Roller Coaster at Sunset

© Bastos

待ち時間はなるべく少なく!



イライラの原因の1つとして待ち時間の長さが挙げられます。どんなに仲の良いカップルでも、1時間も2時間も立ちっぱなしの状態は体力的にも精神的にもキツいものです。夏や冬などの厳しい暑さや寒さの季節では特に辛いものです。

ですので、パーク入場後は出来るだけ待ち時間を最小限にするように工夫しましょう。先手必勝、まず人気のアトラクションに乗りたければ、ファストパスを利用するのが得策です。

ご存知の方も多いでしょうが、ファストパスとは待ち時間を減らすために作られたいわゆるアトラクションの整理券です。ファストパスに印字された時間内にまた戻ってくれば、優先的にアトラクションに乗ることができます。

 

乗りたいアトラクション、観たいイベントはピンポイントで



ディズニーランドにはたくさんのアトラクションやパレード、華々しいショーが待っています。どれも観たい!乗りたい!ところですが、自分の希望するアトラクションは事前に決めておきましょう。

ただし、多くても3つまでに絞ってください。混雑する時期ではアトラクションは3つも回れないことがありますし、なにより相手が望むものと必ずしも一致しないことも知っておくべきです。

デートで大事なことは二人が楽しむこととお互いの思いやりですから、乗ったアトラクションの数で楽しむのではなく、素敵な思い出に残るように行動しましょう。



女子力を発揮しよう!



長い時間を共にするテーマパークデートでは、ここぞと女子力を発揮する機会ですから、ここを利用する手はありません。男性と言えば、最低限の荷物しか持ってきていませんから、さりげなく男性をフォローするグッズを持っていきましょう。

まず、ハンカチです。当たり前とも思われますが、ここで大事なのは二枚持っていくことです。それも大きさの違うものを持っていきましょう。一般的なサイズのハンカチと大判のものを持っていけば、用途に応じて使い分けることが出来ます。

次に絆創膏です。これは途中靴擦れが起きてしまったり、指を切ってしまったときの応急措置になりとても便利なアイテムです。



オシャレはほどほどに



せっかくのデート、とびっきりオシャレして行きたいところですが、ディズニーリゾートといえば、歩き回るのが必須です。そんな場所では、ヒールはもちろんのことミニスカートや胸のあいたトップスでは不都合な場面に遭遇します。

また、男性側からみてもTPOを考慮しない服装は顰蹙です。オシャレはほどほどにして、歩きやすい恰好、体温調節ができる服装を心がけましょう。

他にも、長い髪の方は髪止めがあるととても便利です。レストランなどで長い髪をまとめないまま食事をすると、髪が口に入ってしまったりと見ている側からは美しく映りません。こんな損なことはありませんよね。

 

空腹をさけよう!



アトラクションやショーを観ていると、いつの間にかお腹が減っていることに気が付きます。人間はお腹が空いていると、体力だけでなく思考力も低下します。

そのような状況下ですと、何でもないことで喧嘩をしてしまう原因になります。近くにファストフードが買えるショップがあれば良いのですが、ない時のために少し空腹感を和らげる飴や飲み物は欠かさずバッグに忍ばせておきましょう。

いかがでしたでしょうか。デート当日は思いっきり楽しんで素敵な思い出にしたいものですね!

2014年10月9日

written

by ふらんすら�%8


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop