現在17272個の困ったを解決できます!

2014月9月11日更新

簡単で健康的♡白湯ダイエットのやり方と効果とは

569 views

ダイエットには白湯がいいとよく聞くのですが本当でしょうか?もし効果があるのなら使い方を教えて下さい。(大学2年生・女性)


白碗の画像

 

食事を我慢しても、頑張って運動しても、いまいちダイエットの効果がでない・・・。
ひょっとしたら、身体の基礎代謝が下がってしまっているのかもしれません。
がむしゃらに運動や食事制限をする前に、身体を暖めて基礎代謝を高めてくれる、
白湯(さゆ)ダイエットを試してみてはいかがでしょうか?

白湯ダイエットは、白湯を飲むだけで、健康的に痩せる体質となるダイエット法です。
お金もかからず、簡単にスリムな身体へ。
今回は、そのやり方と効果をご紹介します。

 

 白湯ダイエットとは



白湯とは、水を沸かし、沸騰させ続けたものを飲めるくらいまで冷ましたもので、
水を沸かしただけのお湯とは異なります。
白湯を飲むことで、身体を内側から温め、血液の循環が改善し、基礎代謝を上げることができるのです。
基礎代謝とは、運動していないときにも、生命を維持するために必要なエネルギーのことで、
この基礎代謝が上がることで、身体が消費するエネルギーも増え、痩せる体質へと変化します。

 


 白湯の作り方



【水を沸かす】



使用する水は、ミネラルウォーターなどが好ましいのですが、水道水でもOKです。
一日に飲む適量は、800mlほどと言われており、一度に沸かして保温しておくと便利でしょう。
このとき、やかんや鍋をコンロの火にかけて沸かすのがよいと言われていますが、
時間がないときや、道具が揃わないときは、電子レンジや電気ケトルなどを使って沸かしてもよいでしょう。
長く続けるためにも、自分にとって続けやすい方法を選んでください。

沸騰してからやかんや鍋のふたを取り、5~10分程度、沸かした状態を保ってください。
水道水を使用する場合は、このときにカルキや不純物を抜くことができます。

【冷ます】



沸騰したお湯を冷ますときの温度は、約40~50℃を目安としてください。
このくらいの温度が、ダイエットには効果的と言われています。
時間に余裕があれば、冷たい水を加えて冷ますのではなく、温度が下がるまでゆっくり待ちましょう。

 


 飲み方



コップ1杯200mlほどを、だいたい10~20分くらいかけて、ゆっくりと飲みます。
最初は飲みづらいかもしれませんが、体調がよくなり始めると飲みやすくなる人が多いようです。

【朝、目覚めの時に】



この時間帯に白湯を飲むことはとても効果的だとされています。
寝ている間に冷えた身体を温め、また胃腸の動きもよくしてくれます。

【食事中に】



食事をしながら、白湯を飲みます。このときも1~2口ずつ、ゆっくりとすすって飲みます。

【入浴前後】



入浴前後に白湯を飲むと、デトックス効果が増します。
ゆっくりと湯船につかるようにすれば、更に効果がでやすくなるでしょう。

 


 ◆注意点



・白湯を飲む量が、1日に1000mlを超えると、むくみがでることもあるので注意が必要です。
・白湯ダイエット中の白湯以外の飲み物は、常温のものを飲むようにし、
冷たいものは飲まないようにしましょう。
・白湯ダイエットはゆっくりと、でも確実に効果をもたらすダイエット法です。
少しでも早く効果を感じたいと焦ってしまうこともあるかもしれませんが、
まずは、生活習慣の中に白湯を飲むことを取りいれ、長く続けることを心掛けましょう。

 

 ◆白湯ダイエットの効果とは?



これまで見てきたような方法で白湯を飲むことにより、
基礎代謝が上がって、痩せる体質へと変わっていきます。

基礎代謝は、一日の消費エネルギーの70%を占めると言われており、
体温が1℃上がるごとに約10~20%を上げることができるとされています。

代謝が上がった状態で、運動をしたり、食事に気をつけることで、
これまで以上にダイエットの効果を感じられるようになるでしょう。

また白湯を飲むことによる効果はそれだけに留まらず、身体全体が温まり、
血液循環がよくなることで、内臓の機能も高めてくれます。

胃腸の働きがよくなり、尿量も増えることで、老廃物や、毒素の排出を助け、
結果として、むくみや便秘を解消しやすくなり、また新陳代謝が促進され、美肌効果まで期待できるのです!

 

以上、白湯を飲むだけの、簡単!白湯ダイエット、そのやり方と効果をご紹介しました。
長く続けて日常に取り入れることで、健康的でスリムな身体を手に入れてくださいね。

2014年9月11日

written

by シトロン


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop