現在17274個の困ったを解決できます!

2016月10月4日更新

デートの誘いを断られた時の次に繋がるお手本リアクション7選

89399 views

デートの誘いを断られた後でも関係が悪くならないようなリアクションの仕方を教えてください!(大学2年生 男性)


デートに断られるも良いリアクションで返す男性


© Photographee.eu - Fotolia.com


夏も残り少なくなってきましたがお祭り、
花火大会などのイベントはまだまだ続きます。
せっかく行くなら好きな人と行きたいですよね!


でも…断られるのが怖くてデートに誘えない、
断られたらそのあとの関係が気まずくなっちゃうんじゃないか、
と思っているそこのあなた。


デートに誘って断られたあとにどうリアクションすれば
そのあともいい関係を続けていけるんでしょうか。


今回は、デートの誘いを断られた時に関係が悪くならないリアクション6パターン
をご紹介いたします。











1、「そっか~。じゃあまた今度だね!」

断られてよくしてしまうのが、それじゃ別の日はどう?
など相手のスケジュールを尋ね続けてしまうことです。


これをしてしまうと相手は自分のことを鬱陶しく思ってしまいます。
あえて深入りしないでさっと引いたほうが空いてからの印象も悪くなりません。
最後に「また今度」と言うことで相手に、また誘ってくれるかも
と期待をもたせることができます。











2、「忙しいんじゃしょうがないよね」

あくまで明るく言うことがポイントです。
お誘いを断られてどうしてもテンションが下がってしまい暗くなりがちですが、
相手のためにも明るく振舞いましょう。


断った側にも少なからず申し訳なさがあるので暗いままだと
その後も暗くなりがちです。


誘ったのがあたかも冗談だったかのようにムードを明るくしましょう。
うまくすれば、デートを断ったのにどうしてこの人こんなに明るいんだろう?
と相手も自分のことをいい意味で気にし始めるかもしれません。











3、「急すぎたよね!ていうか…」

断られたことを引きずってしまうのが嫌な人もいるかもしれません。
そんなときは言うタイミングなど、原因の矛先をすり替えて、そのまま別の話題に流してしまいましょう。
とにかく沈黙の時間を避けるのが得策です。


急に話題を変えると違和感がありすぎるんじゃ、
と思ういるんじゃないでしょうか。
そんな人のためのとっておきの一言が、
「俺(私)ちょっと思ったんだけど」です。
この一言からさりげなく別の話題にすり替えましょう。


突然こんなことを言われると言われた人は「え、なになに?」と考えてしまいますよね。
なのでこの一言で話題をリセットしてワンクッションおくことができます。
この一言は今回のシチュエーション以外でも話が詰まったときなど応用範囲は広いですよ。











4、「また予定合わせて、みんなで行こうか!」

これは相手に少し警戒されている時に有効です。
1対1のデートに誘われてちょっと怖いから断ったなんてこともありえます。


ここで警戒されてしまうと次のデートはおろか、
その後の関係もギクシャクしてしまいます。


そんなときは周りを一緒にまきこんでしまうのがオススメです。
ここでOKをもらっておけば、どこに行こうか、などあとにつなげることができます。











5、「ですよね~(笑)」

これはちょっと相性がわかれますが、冗談半分に流してしまうというのもあります。





真剣なデートのお誘いかと思うと、断るほうも気が重くなりがちです。
ここで軽めに流しておくと、「あ、そこまで深刻でもないのかな?」と負担が軽くなります。
また、何度か誘ってみたいと思っている方も、次が切り出しやすいですし、相手も意思表示しやすいです。
断られるたびに「やっぱり?(笑)」、「はーい(笑)」、「だめか~(笑)」などバリエーションを変えてみましょう。


長男・長女タイプの方なら、根負けしてOKしてくれるかも…?
さらに「ほんとに真剣、一緒に行ってほしい」とギャップをつくることもできるかもしれませんよ。











6、「また誘ってもいいかな?」

これを言われた相手の返事はよほどのことがない限り「はい」と返ってくるでしょう。
実はこの「はい」を言わせるのがポイントです。


ここで「はい」を言わせておくと次にデートに誘った時にOKをもらいやすいです。
もちろん相手も未定とはいえデートの誘いをOKしたわけなので関係も良好に続けることができます。




7、「時間がある時に声かけて!」


もしかしたら、相手には何か事情があるのかもしれません。


とても忙しい、ふたりは緊張する、いまは遊び以外のことに集中したい、など。




そいういう時は相手にゆだねてしまうほうが無難に思われます。


「時間があるときに」と添えることで、相手も負担に思わずに済みます。


連絡を待つ間は、まだ忙しいのだろうなと考えておけばOKです。








いかがでしたか?
冒頭でもあったとおり、断られたからといって相手のスケジュールを細かく聞いてしまうのはNGです。
重い人だと思われてしまいます。



断られたからしょうがない、
次にしようというくらいのスタンスがちょうどいいです。



デートを断ったからといって、相手があなたのことを嫌っているとは限りません。


純粋に忙しい場合もありますし、実は相手の方は誰とでも1対1で行くことにとても緊張するタイプなのかもしれません。


じっくり時間をかけて、チャンスを掴みましょう。


気軽に誘って軽く流して、としていると、相手も誘いやすいと感じてくれるかもしれません。


それに、1度断ってもあきらめずに誘ってくれるのは、なんだかんだうれしいものです。



楽しくデートをするために参考にしてくださいね。

2016年10月4日

written

by フジもん


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop