現在17271個の困ったを解決できます!

2014月9月8日更新

辛さを一切感じずに倹約生活を送る7つの工夫

510 views

節約したいのですが、あんまり節約っぽくもしたくないのですが、何かいいアイディアはありませんか?(大学2年・男性)


倹約しなければとは思っていても、なんだか辛そうなイメージがあるので不安。そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。辛さを感じない節約生活、工夫次第で実現するのです。

Happy face on Japanese bill

© Miyuki - Fotolia.com

■出かける時は飲み物などを持って行く



自動販売機やコンビニ、ファミレスなど街中には便利なものがいろいろあります。利用している方が大半ではないでしょうか。ですが、外出中の飲食に全部それらを利用していると細々とした出費が積み重なり気付いた時には思ったより大きな金額を使っていた!なんて事になりかねません。そこで、飲み物や軽い食事、おやつなどを家から持って出る事をおすすめします。暑い時や寒い時など、持っていくだけではどうにもならない時もあるかもしれませんが、全部を外で購入するよりも出費は減ると思います。

たまには公園のベンチなどでゆっくり休憩するのも気分転換になりますね。また、外で購入する時もスーパーなどを利用すると自動販売機やコンビニで購入するより安く済ませる事ができます。

 

■できるだけ出かけない



家にいるのが暇だからなんとなく外出する、なんて方もいるのではないでしょうか。確かに外出は暇つぶしになりますが、行き先がコンビニやゲームセンター、ネットカフェなどになると当然お金がかかってきます。それ以外の場所に出かけたとしても、自動販売機くらいは利用してしまう方も多いのではないでしょうか。

しかし、その少しずつの積み重ねが気付かない間に大きな出費になってしまう場合があります。繰り返しになってしまいますが、外出時はできるだけ飲み物や食べ物を持って出る事をおすすめします。ですが、これらの出費を防ぐにはやはり出かけない事が1番です。

とは言っても何もする事がないとつまらないですねそこで、暇つぶしになるではないかな、という案を2つご紹介したいと思います。

 

まずは読書です。



本を読む事が好きだという方や本を読んでみようかなと思う方におすすめです。ですが、1冊2冊ならともかく、この先も読書を続けていくとして、何十冊、場合によっては何百冊も本を買っていては倹約の意味が薄れてしまうかと思います。そんな時おすすめなのが図書館です。図書館には膨大な両の本、図鑑や雑誌、新聞までもが置いてあります。そして無料で借りることができます。

もし借りた本が好みと違ったとしても、買ったわけではないので無駄になりません。何より本を借りに行く、返しに行く事自体も暇つぶしになります。とても気に入って手元に置いておきたいと思う本のみ購入してみるのも良いかもしれません。

 

次にレンタルDVDを借りてくる事です。



近くにレンタルショップがあれば手軽に行けますし、とても良い暇つぶしになるのではないでしょうか。こちらはレンタル料がかかるのであまり大量に借りたり何度も借りたりする事が難しい場合があるのが難点かもしれません。ですが、安く借りる事があれるフェアをやっている時もありますし、賢く利用する事ができれば良いかなと思います。

 

■自炊をする



今はインターネットで近所のスーパーのチラシなどが見られる場合が多いですし、これを利用しない手はありません。安売りしている商品を適度に購入し、無駄にならないように食事を作る。慣れてきたらバランスの良い食事をいかに安く作ることができるかなど、ゲーム感覚で挑戦してみるというのもなかなか面白そうですね。

 

■部屋を片付ける



今現在部屋が汚い!という人は、まず片付けるだけで部屋が綺麗になり暇つぶしにもなり一石二鳥だと思います。そして更に部屋が綺麗だと余計なものを買うことがくすなくなるという利点もあるようなのです。というのも、まず余計なものを買ってしまう原因のひとつに、部屋が汚いと必要な物が見つからない事が多くなる。

そしてその度に買い直すと単純にものが増えてしまうというものがあります。その他にも、部屋が汚いと欲しいものがある時に置く場所を考えずに買ってしまう事が多いという原因があります。

対して綺麗な部屋に住む人は大抵ものがある場所を把握していますので、まず余計なものを買わなくて済みます。そして、欲しいものがある時にはまず置き場所を考えてから買うことが多いので衝動買いが少なくなるのです。余計なものを買わないという事は、余計な出費をしないということになりますので、結果倹約できる事になります。部屋が綺麗だと良いことが多いですね。

 

■すぐ捨てないで修理できないか考える



ものが壊れてしまった時、とても困りますね。そんな時、手っ取り早いのが買い直してしまう事だと思います。ですが、壊れてしまう度に全部を買い直していてはとても倹約にはなりません。できれば壊れた時にどうして壊れてしまったのかよく観察したり、どうすれば治るのか調べたりしてみましょう。

そして原因がわかってなおかつ自分で直せそうだという場合は1度試みてはいかがでしょう。直せた場合は達成感があると思いますし、直せなくてもスッキリと新しく購入できるのではないでしょうか。なお、電化製品など、自分で分解することが禁止されているものの場合はその指示に従って下さいね。

 

■身の丈に合った生活をする



身の丈にあった生活。これはとても大切な事です。背伸びばかりした生活は疲れてしまいますし、お金もどんどん使ってしまいます。ここで大切な事は、必要以上に自分を卑下した生活はしない、という事です。自分にとってちょうど良いくらいの生活をしましょう。

 

■使うべきところでは使う



さて、ここまでお金を使わないようにする話ばかりを書いてきました。今度はお金を使うときの話です。何にでもお金を使うと倹約になりませんが、すべてをただ我慢するというのもとても大変です。それこそ辛い倹約生活になってしまいます。

よく考えた上で使うべきと判断した場合は、必要な分だけ使いましょう。倹約生活を続けていると、自分にとって本当に必要なもの・大切なものが見えてきます。大切なのは、できるだけ後で後悔しない使い方ができるようになる事です。

 

いかがでしたか?倹約はゲームのように考えると気楽にできると思います。楽しみを見出す事ができれば、辛くない倹約生活が送れます。

2014年9月8日

written

by きりしろ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop