現在17271個の困ったを解決できます!

2014月9月6日更新

だらだら夜更かしをスッパリやめる5つのコツ

5646 views

夏休みが始まってからというもの、昼夜逆転の生活になってしまいました。どうすれば夜更かしをやめることができるでしょうか?教えて下さい。(大学2年生・男性)


夜更かしする夫婦

特に意味もないのに、なんだかだらだら夜更かし。
そして、次の日は体がしゃきっとせず、だるくてボーっとしちゃう、なんていう経験、きっと誰でもあることでしょう。

だらだらした習慣が身についてしまうと、生活サイクルがくるってしまい、
どんどん夜更かしがやめられない生活になってしまいがちです。

体調にも響いてきたり、日中にやりたいことを満足にできなくなったり、食習慣も乱れてしまったり…
夜更かしが続くと、いいことは何にもありませんね。

でも、夜更かしの習慣をどうやってやめることができるのでしょうか?
夜更かしをやめるコツを教えます!

 

1.テレビ・ネットの時間を決める



テレビ番組は見始めると気になって最後まで見てしまうし、ネットはさらに気になる情報がエンドレスに入ってくるので、
気付いたら夜更かししてしまってたなんてこともよくあることです。
そうならないためには、あらかじめ時間を決めておくことが大事です。
テレビであれば、この番組を見終わったら寝る!と決めておき、
その時間以降に気になる番組は録画予約をしておけば大丈夫!
ネットも、何時まで!と決めてそれを守るようにして夜更かしにならないようにしましょう!

 

2.3食きちっと食べる



体のサイクルは毎日の食習慣と密接な関係があります。
いつも同じ位の時間にお腹がすくこと、そしていつも同じ位の時間にご飯を食べるのは大事なことです。
中でも朝ごはんをしっかり食べることはとても重要です。
朝からしっかり食べて動き、昼・夜もしっかりいい食事を摂ると、
自然といいリズムで眠くなり、朝はスッキリ目覚められるようになるでしょう。
ここで言う「しっかり食べる」とは、お腹がパンパンになる位たくさん食べるという意味ではなく、
栄養のあるバランスの良い食事を摂るということです。
旬のものを摂り入れながら、野菜や肉・魚などバランスよく食べるように心がけましょう。

 

3.早く起きる



最初は難しいかもしれませんが、意識的に早く起きるようにしましょう。
アラームを使って起きるようにして、体が早起きに慣れるように練習しましょう。
朝起きてからすることを決めておくのもよいかもしれません。
録画した番組を朝見る!とか、散歩をする!とか、いろいろです。
朝早く起きるようにすることで、夜は自然に眠くなるでしょう。

 

4.とりあえず布団に入って横になってみる



まだまだ眠くないし…と起きていると、ますます目が冴えてしまって眠くなくなる、というのはよくあることです。
電気を付けていると、体も休むモードに変わらず、眠くなりにくくなります。
早く寝たいと思ったら、とりあえず布団に入ってみましょう。
体を横にして休んでいると、体がリラックスして来て、自然と眠くなってくるはずです。
もちろん、布団の中でゲームをしたり、スマホをいつまでも触っているようでは意味がありません。
明るい画面から目を離し、リラックスできる状態にしておくと眠気が来るはずです。

 

5.安眠グッズを使ってみる



リラックスして安眠に導いてくれるグッズを使って、気持ちよく眠れるようにしてみましょう。
蒸気のアイマスクなど血流を良くしてくれるものもいいですね。
また、アロマオイルを炊いたり、枕を替えてみたりするのもよいです。
足をマッサージしてみると、足がポカポカして来て眠くなってくるでしょう。

 

 

夜更かしをやめるには、やはり自分で意識的に早く寝るよう心がけることが一番大事です。
しっかり睡眠を取る生活にチェンジすると、頭も冴えるし、体も元気になってくるはず。
だらだら夜更かしをやめて、毎日を有効に過ごしたいものですね。

2014年9月6日

written

by ike


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop