現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月7日更新

【一人暮らし必見】何でこんなに光熱費が高いの?その原因の家電と節約法

3495 views

下宿しているのですが、光熱費が高いです…抑えるコツってありますか?(大学1年生・女性)


エアコン


© promolink - Fotolia.com
一人暮らしなのに、なぜか光熱費が高い!と悩んでいませんか?


将来のためにも、自分のお金を自由に使えるいまだからこそお金を無駄にせず、少しでも蓄えておきたいですよね。


省けるところは省いて光熱費を安くしたい!というあなたのために、光熱費を節約するコツを教えます!







1.テレビは主電源をオフ!



一人暮らしの家の中は静かすぎて寂しいのでテレビをずっと付けている人も多いのでは?


そういう理由ではなくても、ずっと見ているわけではないテレビがつけっぱなしになっていませんか?


テレビを見ない時は、できるだけ消すようにしましょう。


そして消す時には、リモコンでオフにするのではなく、テレビ本体の主電源を切るようにしましょう。


リモコンでオフにした場合、待機電力がかかってしまうので、もったいないですよね。


テレビ本体の電源を切るのは、リモコンで切るよりも最初は面倒かもしれませんが、慣れてしまえば習慣になります!


意識して主電源を切るようにしてみましょう!







2.炊飯器の保温は消す!



ご飯を炊いた後の保温、つけっぱなしでいつの間にかご飯はカピカピに。。。


なんて経験はありませんか?


特に一人暮らしでは、少しずつ炊くけど食べ切れなかったりすることも多いのでは?


この保温機能、実は結構電気を消費しています。


保温を切って、1膳分ずつ冷凍し、必要な分だけ解凍するようにしてみましょう!


保温を何時間も付けておくよりも、解凍の時に2~3分ほど電子レンジを使う方が断然消費電力量が少ないのです!


それだけでなく、炊きたてを冷凍しておけば、解凍した時にも美味しいご飯が食べられます。


毎回ご飯を炊く手間も省けるので、お得なことばかりですね!






3.冷蔵庫の冷気を逃がさない



冷蔵庫は、開閉のたびに電気を消費します。そのため、無駄な開閉は避けましょう!


そして、冷蔵庫の中身も、ぎゅうぎゅうに詰め込むと冷却効果が薄れ、無駄な電力消費になります。


ものを詰め過ぎず、余裕を持って入れるようにしましょう!


ちなみに冷凍庫は、互いに冷やしあうので、


詰め込んでおいたほうが冷却効果が高いとされています。






4.エアコンの設定温度



エアコンは、設定温度を1度変えると10%の節電になると言われています。


また、エアコンは温度を上げるまたは下げる時に一番電力を使うため、一度大きく温度を変えた後は最初ほどの電力消費ではありません。


電源を入れた直後が一番電力を消費するので、こまめに電源を切るとまた一から温度を調節しなくてはならないため、


余計に電気を使うことになります。


2時間や3時間程度であればわざわざ消さず、つけっぱなしで温度をキープするための運転をしている方が無駄が少なくなります。


これを念頭に置きながら、無駄のないようにエアコンを活用しましょう。







5.電子レンジを有効に使おう!



例えばじゃがいもに火を通す場合、ガスコンロで茹でるとお湯を沸かす時間から含めて10分から15分ほどかかります。


電子レンジを使うと、600Wで6分ほどです。


そしてガス代で言うと6円ほど、電気代で言うと2.5円ほどになります。


このようにガスは割高なので、電子レンジを野菜の下ゆで代わりに使うととても便利なのです。


電子レンジであれば野菜も崩れにくいという利点もあります。


かぼちゃやにんじん、玉ねぎなども同じように下ゆで代わりに火を通しておくとガスでいためる時間も減るだけでなく、


栄養も逃げにくいのでとても便利でお得な方法ですね。






6.トイレの水を流す時は、大小のレバーを使い分ける



大と小のレバーで、一度に流れる量は2リットルほどの差があります。


小の時にわざわざ大のレバーを使う必要はないので、その時々に合わせてレバーを使い分けるようにしましょう。







7.光熱費の支払い方法を見直してみよう!



ここまで、光熱費そのものを安くするための技を紹介してきましたが、


光熱費の支払い方法はどのようにしていますか?


オススメなのは、クレジットカード払いにすることです。


なぜかというと、クレジットカード払いにしておけば、光熱費の支払い分のポイントが溜まるのです!


毎月必ず支払わなくてはならないものでポイントが溜まるのだからお得ですよね?


もちろん使用量にもよりますが、年間で5,000円から10000円分ほどのポイントが溜まる人もいるようです。


支払い方法に関しても、ちょっと見直してみてはどうですか?



いかがでしたか?


簡単なものが多いので、今日から早速できるものもあるはず!


ちょっとしたワザの積み重ねで、大きな節約につながります。


ぜひあなたの生活にも取り入れてみてくださいね!


2015年9月7日

written

by ike


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop