現在17271個の困ったを解決できます!

2014月9月19日更新

着物を着るなら最低限知っておきたい10のマナー

125 views

着物を着るときのマナーなんてるんですか?(大学2年生・女性)




© 夢見る詩人 - Fotolia.com
 
女性の皆さん。着物を着たことはありますか?

実はお着物を着ているときに守らないといけないマナーというものが幾つか存在します。

それを今回ご紹介いたします。

 

① 内股で歩幅を小さくして歩く



せっかくキレイな着物を着ていても、大股開きで歩けばみっともなく見えてしまいます。

また、着物では構造上、歩幅を小さくしないと歩き辛くて仕方がありません。自然としていれば良いのです。

歩くときは履物を引きずらないように、背筋をしゃんと伸ばしましょう。

 

② 階段を上るときは足首を見せないように



階段を上るときは、着物の右上前をつまんで持ち上げ、腰を落とし気味にして右足を上げます。

右足が下に着くと同時に左足を上げると、足首が見えません。

 

③ お手洗いに行くとき



上前と下前のつまさきを持ち上げて、帯の上側に挟み込んで用を足します。

お手洗いから出るときは、お太鼓のたれから上がっていないか確認してください。

 

④ 車に乗るときはお尻から



乗り口からお尻を入れるように、シートに腰を下ろします。

片手で袖を持ち、もう片方の手で上前を押さえながら身体を回転させて足を入れましょう。

降りるときは逆の手順です。乗り降りの際は、裾を汚さないように注意しましょう。

 

⑤ 車内でのマナー



車内では、帯がつぶれないように浅く座りましょう。

そうはいっても、安全のためシートベルトは忘れずに。

 

⑥ 物を手に取るとき



片方の手で袂を押さえて、袂が汚れたり物を倒したりしないように気を付けましょう。

 

⑦ 玄関を上がるとき



あらかじめ草履の鼻緒から足を抜いておきましょう。

脱ぐときは両足を揃えて前向きに脱ぎます。

上がったら向き直り、膝をついて座り鼻緒を持ち上げて、つま先を先に向けて揃えましょう。

草履はやや端の場所に置きましょう。

 

⑧ 電車の吊り革では、二の腕に注意!



吊り革を持っていない方の手で袖口を押さえ、二の腕が見えないようにしましょう。

基本的には吊り革を使わない方が良いのですが、やむを得ない場面に遭遇するのも仕方のないことです。

ただ、あまり頻繁に腕を頭より上にあげてしまうと脇が緩んできて、これまたみっともない状態になってしまいます。

 

⑨ タバコは控えて・・・



着物を着ている間は、禁煙するのが無難です。洋服でもそうですが、煙の臭いが着物に付いてしまい、上品さが失われてしまいます。

着物は普段の洋服と身動きのとり方が異なるので、タバコの火を落としてしまった場合、とっさに避けることができない可能性が高いと思われます。着物を着ている間は、折角ですから禁煙してみましょう。

 

⑩ 大きめの傘をご用意



雨の日は、出来るだけ大きめの傘を用意しましょう。着物が濡れていると、色映えが悪くなります。

また、泥を跳ねさせないように出来るだけ静かに歩きましょう。

 

いかがですか?こうして10ものマナーを挙げてしまうと、「着物って大変・・・。」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。しかし、慣れれば何の苦労もなくこなせる事柄です。また、それだけのことをする価値があるのも着物です。皆さん、たまには着物でお出かけなさってはいかがでしょうか。

出典:http://www.kimono-yasuna.com/index.php?manner#d79ef619

http://www.kimonoland.net/mame/

2014年9月19日

written

by いづな


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop