現在17272個の困ったを解決できます!

2014月9月3日更新

えっ意外!ビールと混ぜると美味しいもの10選

27152 views

成人したはいいのですが、いまだにビールが苦手です。そろそろ飲めるようになりたいのですが、コツなどはありますか?(大学3年生・男性)


 

生ビール

 

ビールの味がどうしても苦手という方はけっこう多いのではないでしょうか?
でも飲まなければならない場面はたくさんありますよね?
そんなみなさんに美味しくビールが飲めるようになるテクニックを教えます。

ここではビールと混ぜると美味しくなるという10の飲みものを紹介します。
ビールの味が好きじゃないという方も、きっと美味しく飲めると思いますよ。

ぜひ試してみてくださいね。

 

1、ジンジャーエール





画像出典

知ってる方も多いと思いますが、有名なカクテル「シャンディガフ」がつくれます。
だいたいビールとジンジャエールを1:1の割合で混ぜると完成です。
ビールの苦みを薄めてくれて、美味しく飲むことができます。

 

2、梅酒






ビールは苦くてのめない、でも梅酒は甘すぎる、、、そんな時にビールと梅酒を混ぜると、
ビールの苦味は中和され、梅酒も甘すぎない風味を味わうことができます。

ただし、アルコール度が少し高くなってしまいますので、お酒に弱い体質の人は気をつけてください。
また、どんな料理にも合うので、食事と一緒に飲むものおすすめです。

 

3、コーラ



コークビアというカクテルの出来上がりです。
見た目が黒ビールのようになりますが、こちらもコーラの甘さがビールの苦みを薄めてくれます。
コーラの味がくどいという方はサイダーを代用するとよいでしょう。
1:1の割合が目安ですがお好みで調整してください。
また、カットしたレモンやライムを入れるとさらにおいしくなります。

 

4、カルピス



カルピスとビールという不思議な組み合わせでしたが、実際に今注目を集めているカクテルです。
分量はだいたいカルピス:ビールが1:6くらいがいいバランスになります。
ビールのコクと喉越しにカルピスの甘酸っぱさが融合し、新感覚の味わいが楽しめるのです。

 

5、りんごジュース



りんごジュースの甘さが、ビールの苦みを消して、さっぱりとした味にしてくます。
分量はお好みで構いませんが、りんごジュースを入れすぎると、甘くなりすぎてしまいますので
注意してくださいね。

 

6、柑橘系のジュース



オレンジジュースや柑橘系の炭酸と混ぜると酸味が増して美味しいです。
特に、ビールとCCレモンを半々くらいで組み合わせをオススメします。
さっぱりとしたレモンの微炭酸がビールとよく合います。

 




7、コーヒー



「えっ?」とおもわれた方も多いかと思います。
ビールの苦みとコーヒーの苦みがぶつかり合って不思議な味を生み出します。
そして後からビールの炭酸が来る感じがくせになること間違いなしです。
騙されたと思って試してみてください。

 

8、牛乳



こちらも戸惑う方がいらっしゃるでしょう。
しかしやってみると、ビールの酸味、辛みをマイルドにしてくれて意外とおいしいです。
ビールと牛乳を3:1程度の割合くらいがベターでしょう。

 

9、野菜ジュース



健康志向の方におすすめです。
ビールをトマトジュースで割って作るレッドアイというカクテルが有名です。
味が独特ですので、苦手な方は普通の野菜ジュースを混ぜても美味しいです。
アップルベースやアセロラベースの野菜ジュースは特にビールとよく合います。

 

10、カシスリキュール





画像出典

さいごにちょっとおしゃれなカシスビアを紹介します。
カシスリキュールとビールは1:6くらいを目安にしてください。
甘目なカシスと、ほろ苦いビールのバランスが良く美味しく飲むことができるのです。
またツートーンに色が分けることができるので、見た目もお洒落に仕上がります。

ただし、これもアルコール同士を混ぜているのでお酒が弱い人は注意してください。

 

 

いかがでしたか。
思いもよらない組み合わせもあったかも知れませんがどれも美味しい飲みかたです。
ビールってちょっと苦手という方も飲めないという方も、美味しく飲むことができるでしょう。
いろんな割り方を試してみてくださいね♪ もしかしたらビールが好きになるキッカケになるかも…。


2014年9月3日

written

by kou


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop