現在17272個の困ったを解決できます!

2014月9月12日更新

外国人に通じる!ビジネス英語習得法!

164 views

外資系の企業にいきたいのですがビジネス英語ってどうやって学んでいけばいいのですか?(大学1年生・男性)




© kelly marken - Fotolia.com

外資系の企業への就職を考えている学生にとってビジネス英語を身につけることは不可欠ですね。

外国人とともに働く機会が増えた現代社会では、もはや英語を使えて当たり前となってきています。 では、学生のうちからビジネス英語を実践的に身につけるには、 どのような勉強をすれば良いのでしょうか?

 

「インプット」と「アウトプット」の両方を大切に



英語を上達させるために大切なのが、 ・単語・文法などの「基礎知識」、 ・実践的な表現のインプット ・アウトプット(会話トレーニング) です。

しかし、英語がなかなか上達しない人に共通しているのが、 インプットよりもアウトプット練習ばかりしている、ということです。 インプットなしにアウトプットだけをしても英語は上達しません。 逆にインプットだけをしても実際の会話ではしどろもどろ…、 ということになってしまいます。

なので、両方をセットにして学習することが上達には欠かせません。



インプットの具体的な方法



 

とはいえ、ただひたすら何でもインプットすればいいというわけではなく、 実践的な形でインプットすることが大切です。 会話で使われないような教科書的な英語では実践につなげるのは難しいのです。   具体的には、日常生活の中に英語を取り入れることが効果的です。

例えば、

①「日記を英語で書く」

②「NHKビジネス英語関連の番組の視聴をする」

③「海外ドラマ・ニュース番組など副音声番組の視聴をする」 といった方法が挙げられます。



①「日記を英語で書く」



これは今日からでも始められる、簡単な方法です。 自分一人で思いついたことを書くのも良いですが、 以下のようなサービスを利用すると、上達の大きな助けになるでしょう。 「Lang-8」(ランゲート) http://lang-8.com/ こちらは、外国語で書いた日記等の文章をネイティブが添削をしてくれるサービスです。

正しい英文の書き方を知ることが出来ます。 また逆に、日本語を学習する方の文章をあなたが添削することもできます。 お互いにコメントをしあうことができるSNS機能もついているので、 コミュニケーションの機会が広がり、友達を増やしながら英語を学べるという楽しい体験ができます。



②「NHKビジネス英語関連の番組の視聴をする」



NHKの語学番組はラジオ・テレビともにレベル別に分かれており、 ビジネス英語の番組も種類が豊富です。 自分に合ったレベルの番組を選んで学ぶことができます。 いずれの番組も、シーン別で覚えやすいフレーズを取り上げて、 リピートしたりシャドーイングしたりして繰り返してくれるので、覚えやすいと思います。

しかし、毎日決まった時間に視聴するのが難しい場合もあると思います。

そういう時は、しっかり視聴できなくても、 まずは「とりあえず視聴する」という意識で視聴するだけでも違ってきます。 英語に日常的に触れる、ということが大切なのです。 また、決まった時間に視聴できなくても、ホームページからストリーミング形式で視聴することもできます。 「NHK語学番組」ホームページ http://cgi2.nhk.or.jp/gogaku/english/ この中で特にビジネス英語に特化した番組は、 「しごとの基礎英語」「ニュースで英会話」「入門ビジネス英語」「実践ビジネス英語」 等です。 ここでのポイントは、「自分が簡単だと感じるレベルから始めること」です。

いきなり難しいレベルに挑戦しても、それを毎日続けるのは大変なことです。 毎日コツコツと続けていけることが重要です。

加えて、簡単なレベルの番組であっても、日常で使える英会話の表現がたくさん紹介されているので、 大いに上達の手助けになります。



③「海外ドラマ・ニュース番組など副音声番組の視聴をする」



英語に日常的に触れるには、自分が興味を持つ分野から入るのがやりやすいと思います。 洋楽の歌詞、海外サッカーの実況中継など、趣味のものだと、より楽しく覚えられるでしょう。 ただ、より実践的な英語を学べるのは、やはり海外ドラマや海外ニュース番組でしょう。

自分が興味を持てる海外ドラマを探してみましょう。 はじめは日本語字幕付きで観て、慣れてきたら英語の字幕に切り替えると 文章の理解力がアップします。 海外ニュース番組もビジネス表現がたくさん出てくるのでおすすめです。




アウトプットの具体的な方法



生きた英語表現をインプットしたら、今度はアウトプット、つまりスピーキングの場面を作りましょう。

しかし、なかなか国内で外国人と接する機会が少ない場合、 気軽に実践できるものとしてまず挙げられるのは、オンライン英会話です。

インターネット上でやりとりできるので、自宅にいながらネイティブスピーカーと会話ができます。 最近ではSkypeを使った英会話サービスなど、料金も比較的安く利用しやすいものが増えています。   他にすぐ実践できるアウトプット方法としては、自宅で英文を音読することも効果的です。

その他、実際に外国人に会って会話することのできる「英会話カフェ」「英会話喫茶」もあるので、 探して積極的に参加してみると良いでしょう。   いかがでしたか? インプットとアウトプットをバランスよく行うのに加えて、毎日続けるには、やはり楽しむことが大切です。

自分が楽しくビジネス英語を学べる方法を見つけて、日常生活に取り入れていきましょう。

2014年9月12日

written

by marurun


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop