現在17272個の困ったを解決できます!

2014月10月18日更新

大学がつまらないと思っている人に!一気に毎日を楽しくする3つのコツ

14609 views

期待して大学に入学しましたが、どうも毎日が面白くありません。
どうしたらいいですかね?(大学1年・男性)


大学がつまらないと感じている大学生は意外と多いようです。
実に、4割以上の学生がつまらないと感じているという統計もあります。
大学生活は、個人で動くことも多いですし、全員参加型のイベントもありません。
自主性を重んじて、その人のやりたいことをやれる環境をつくるのが大学なので、
自分から進んで行動するタイプではない人にとっては、つまらなく感じることも多いかもしれません。
しかし、少し自分の見方を変えるだけで、大学を楽しく感じることもできるかもしれません。
4年間もある大学生活ですから、楽しく有意義のあるものにしていきましょう。

退屈する人
© WavebreakMediaMicro

1.サークルに所属する



大学を楽しくする方法の1つとして、サークルに参加するという手があるでしょう。
大学には様々なサークルや同窓会があるので、あなたの興味のあるもののきっと見つかるはずです。
同じ学部以外の友達や、先輩や後輩とのつながりもできますし、サークルによっては他校とのつながりもあるので、
交友関係が広がり色々な人の話を聞くことができるので、世界を広げるのに役に立つでしょう。
また、サークルにはいることで、
文化祭等のイベントにも参加する機会も増えるので、講義以外の時間を充実させることができます。
みんなと一つのものに取り組むで、充実感を味会うことができ、
つまらないと思う時間が少なくなるのではないでしょうか。

 

2.自由になるお金を持つ



次に、アルバイト等をして自分の自由になるお金をつくることも、大学を楽しくすることにつながるでしょう。
大学では高校までとは違い、人付き合いになにかとお金がかかるようになります。
お酒も飲めるようになりますし、より遠くに出掛けることも増えるでしょう。
お金がないからと言って中々参加せずにいると、友達付き合いも少なくなってきますし、
色々新しいことに挑戦する機会も少なくなってきますので、
ひとりぼっちになりがちになり大学がつまらなくなってしまうのではないでしょうか。
少し余裕なお金があれば、色々な付き合いができますし、
様々なところに出かけることもできるようになりますので、
楽しい友人関係を保つことができ大学生活も楽しいものになっていくのではないでしょうか。

 

3.目標を立てる



最後に、目標をもつころで大学生活楽しく過ごせるのではないでしょうか。
目標をもつことで、大学生活ですべきことが明白になります。
それにより、大学生活がつまらないと感じないくらい充実させたものにできるのではないでしょうか。
つまらないと感じるとは、充実していないからだと思います。
目標を持ちなにかにむけて努力することは、
自分を高めることにつながるので、小さな目標でもいいので常にもちつづけることが大切です。
以上のように、何かに参加したり等、自分から進んで行動することで大学生活は劇的に楽しいものになるでしょう。
人からのアクションを待っていたり、ひとりで行動していては、つまらないと思う時間が多くなり楽しめません。

まとめ



大学は、最後の学生生活が楽しめる場所なので、
社会人ではできない学生だからできることをおもいっきり楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

2014年10月18日

written

by boopoo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop