現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月25日更新

社会人必須のマネー知識!金融商品の種類と特徴について

140 views

金融商品ってなんですか?(大学4年生・女性)


金融商品を知ろう



「金融商品」って何? 商品といっても、実際に品物が手に入るような、はっきりと目に見える商品ではないですよね。預貯金ぐらいは知ってるけど、お金を動かすというのは難しそうな感じ。でも、マネー知識があるとちょっとカッコイイし、知っていたほうが役に立ちます。社会人になってからは自分で稼いだお金、上手に使いましょう。
「金融商品」は、銀行や証券会社、保険会社などが提供している商品のこと。お金を預けたり、借りたり、ときには増やしたりと、お金を運用することです。この金融商品には、いろいろな種類があります。一つずつ紹介していきましょう。

 

Credit cards close up

© sumire8

 いわばお財布! 「使う」



まずいちばん身近なのは、ゆうびん貯金や銀行預金ですよね。当たり前のようですが、これも立派な金融商品。そして、だれもがお世話になっているはずです。
主に普通預金や普通貯金といわれるもので、お金の預け入れや引き出しが自由にできます。また、例えば光熱費の支払いや、給料の受け取りが自動でできます。手軽に利用できる、お財布みたいな感じです。

 

 こちらは貯金箱! 「貯める」



こちらは「定期」といわれるもの。すぐに使わないお金を預けて貯めておきましょう。
定期にもいくつかの種類があり、積み立てる額や満期を、自分の使い道に合わせて選べます。明らかにお金が増えるわけではないものの、元本の保障があるので、ローリスク・ローリターンの安全な商品です。お金が貯まったら旅行に行こう、まだ買えないけどいつかは欲しいものがあるなど、夢を持つとやる気になりそう!


画像出典:http://www.jp-bank.japanpost.jp




 いざというとき助かります! 「備える」



これは、いわゆる生命保険や損害保険のことです。予想外の病気や事故でお金が必要になってしまった、交通事故を起こしてしまい、相手に損害を与えてしまった。こんな「もしも」に備えるのが保険です。テレビCMで見ない日はないというぐらい、巷にあふれている気がしますね。
でもこれって、今現在は健康な若者にとってはあまりピンとこないのでは? もしものことなんて、想像できませんよね。保険で未来の安心を買う、といったところでしょうか。金額にも補償内容にも、かなり多くの種類があります。必要に応じてじっくり検討したほうがよさそうですね。


画像出典:http://www.sonysonpo.co.jp/




 計画性が大事! 「借りる」



車がほしい、海外旅行に行きたい、家を建てよう。人生のここぞというときに、まとまったお金が必要になります。でも、そんな大金すぐには払えないし……。そんなときの救世主が、「ローン」です。住宅ローンやカーローンなどの種類があり、必要な金額を銀行から借りることができます。ただし、これには審査が必要。どのくらいの期間をかけて、いくらずつ返済していくのか、きちんと考えなければいけません。
また、使い道が限定されておらず、ATMなどで簡単に借りられる「カードローン」もあります。いざというとき便利かもしれませんが、自分の通帳からお金を引き出すような気分で借りることができてしまうので、これを利用するためにはなによりも計画性が大事です。「借りている」ということを、決して忘れずに!


画像出典:http://www.acom.co.jp/




 ハイリスクでハイリターン! 「増やす」



すぐには使わない余裕のあるお金を動かす方法ですが、上に書いた「貯める」とは違って、こちらはハイリスク・ハイリターンです。お金を増やすなんて、なんだか賭けみたいですね。賭けなんて言うとプロに怒られそうですが、それなりの知識があってこそできるものではないかと思います。
お金を増やす方法としては、有望な企業に出資して配当をもらう「株式」、専門家に任せてお金を運用してもらい、配当を受け取る「投資信託」があります。どちらもリスクがあり、万が一のときには元本すら失うかもしれないというものです。


画像出典:http://www.jp-bank.japanpost.jp




お金に関わるもので、楽な方法はありません



簡単にお金が増えるという甘い話はありませんから、これを行うには勉強が必要かもしれませんね。でも、もちろんマイナス面ばかりではありません。きちんと調べた上で、チャレンジしてみるのもありですね。

2014年10月25日

written

by ut-heartful


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop