現在17271個の困ったを解決できます!

2014月9月29日更新

行ってみると楽しい!一人旅におすすめの都道府県BEST7

3240 views

一人旅におすすめの都道府県を教えてください!(大学3年生 男性)


 

一人旅というと、「さびしい」「不安」など少し尻込みしていませんか?
でも、そんな人ほど、思い切って出かけてみてください!誰にも遠慮することなく
自由に時間を使える一人旅に、きっとハマることうけあいです!!

そこで、一人旅にオススメの行き先を7つピックアップしました。

 

1.白老(北海道)



まずは鉄板の北海道。有名観光スポットが目白押しの北海道ですが、
今回は、中でも少しマイナー(?)な白老をオススメ。


画像出典:白老観光協会



 

 

観光:見どころはアイヌ民族博物館。ポロトの森など。
北海道の先住民族であるアイヌの文化に触れ、深い自然に触れる。
これぞ北海道!

食事:是非試してみて欲しいのが白老牛バーガー。市内では50近いお店が、
それぞれ工夫をこらした白老牛バーガーを提供しています。

アクセス:札幌駅からJR室蘭本線で1時間。白老駅下車。

 

2.平泉(岩手県)



北海道に次ぐ広さを持つ岩手県は、県内各所に見どころいっぱい!


画像出典:こちら岩手ナチュラル百貨店(岩手県観光ポータルサイト)



観光:歴史・文化に触れられる平泉が一押し!中尊寺、毛越寺は必見。
文学好きなら、花巻で宮沢賢治を偲ぶコースもオススメです。

食事:岩手と言えば「わんこそば」が有名ですが、盛岡冷麺、
じゃじゃ麺も美味。
盛岡市内では多くの店が軒を並べ、しのぎを削っています。

アクセス:JR東北本線一ノ関駅から8分。平泉駅下車。

 

3.山形市(山形県)



蔵王を始め自然豊かな山形ですが、明治時代に文明開化の象徴として
多くの洋風建築を取り入れました。今でも各地で素晴らしい建築物が
見られます。


画像出典:やまがたへの旅(山形県観光ポータルサイト)



観光:旧済生館、文翔館、山形市郷土館、山形大学などなど、市内外に多くの
洋風建築物が残されています。それら旧跡を訪ね、文明開化の明治に思いを
馳せる。そんな旅もまた、オツなものです。

食事:夏に行くなら、冷やしラーメン!冷やし中華ではありません。
冷やしラーメンなのです。
秋ならやっぱり、名物芋煮。
エリアによって微妙に異なる芋煮の食べ比べもいいかも?

アクセス:JR山形新幹線、山形駅下車

 

4.吹割の滝(群馬県沼田市)



富岡製糸場の世界遺産登録で盛り上がる群馬県ですが、温泉地も多く、
豊かな自然も魅力一杯です。


画像出典:ググっとぐんま(観光公式サイト)



観光:自然いっぱいの群馬。尾瀬や赤城山も素晴らしい景観も魅力的ですが、
今回のオススメは吹割の滝。川床を割るように流れ落ちる滝は、日本の滝百選
にも選ばれ、国の天然記念物にも指定されており、一度は見ておきたいスポットです。

食事:県内各地で食べられるのが、郷土料理の「おっきりこみ」です。
平打の太いうどんをたっぷりの野菜とグツグツ煮込んだ伝統料理。

アクセス:JR上越線沼田駅よりバスで55分。吹割の滝下車

 

5.戸隠(長野県)



温泉、自然、食べ物、魅力いっぱいの長野県は、そこかしこに一人旅
おすすめスポットが目白押し。そんな中で今回ご紹介するのは戸隠。
歴史、自然、美味いそばの三拍子です。


画像出典:戸隠観光協会公式ホームページ



観光:何と言っても戸隠古道。鬱蒼とした深い森に囲まれた道をゆっくり
歩いて行くと、戸隠神社が見えて来ます。宝光社、中社、奥社と続く道は
神話の時代に続く道です。

食事:古道の両脇には、多くの蕎麦屋が並びます。
戸隠のきれいな水で磨かれた蕎麦はそば好きならずとも一度は食べたい
逸品です。

アクセス:JR長野駅からバスで約1時間。

 

6.郡上八幡(岐阜)



長良川の鵜飼、下呂温泉に白川郷、飛騨高山など見所盛りだくさんの岐阜。
どこをとっても旅情を満喫出来る事請け合い。


画像出典:ぎふの旅ガイド(岐阜県観光連盟公式サイト)



観光:是非おさえておきたいのが郡上八幡。
江戸の昔を思わせる古い町並みは、一人静かに散策するのにぴったり!

食事:郡上なら鮎は外せない所だが、近頃話題の鶏ちゃん(けいちゃん)も
1度は食べておきたい。高山まで足を伸ばすなら、飛騨牛の朴葉味噌焼きは
絶対のオススメ!

アクセス:名古屋からJR「ワイドビューひだ」で高山まで2時間20分
郡上八幡なら、途中、美濃太田駅で長良川鉄道に乗り換えて1時間20分

 

7.長崎市(長崎県)



異国情緒の街、長崎。五島列島や対馬などの島巡り、ハウステンボスに
雲仙・島原と楽しみ方色々。


画像出典:ながさき旅ネット(長崎観光/旅行ポータルサイト)



観光:ベタなスポットではあっても、グラバー園、大浦天主堂、出島は
やっぱり外せない。坂本龍馬の足跡とともに、幕末に思いを馳せる。

食事:長崎と言ったら「ちゃんぽん」と行きたい所だが、ひとくち餃子の
宝雲亭は一度は食べたい味。予算に余裕があるなら豪華に卓袱料理と
行きたい所だが、手軽に卓袱気分の豚角煮まんも美味!

アクセス:JRの長崎駅から、市内各所へは路面電車利用が便利

 

いかがですか?一人旅、初めは少し思い切りが必要かもしれません。
でも思い切って踏み出してみてください。きっと知らなかった旅の楽しみを
垣間見ることが出来ますよ!

2014年9月29日

written

by りゅう


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop