現在17272個の困ったを解決できます!

2015月1月28日更新

広告業界の現状に迫る!知っておくべき今後の見通し

11018 views

広告業界にいきたいのですが、親に止められてしまいました…広告業界はこれからどうなっていくのでしょうか。(大学3年生・女性)


広告業界で働く人たち

広告業界のこれから



みなさん、広告業界の現状と発展がどのようになっていくのか、考えたことありますか?

ましてや自分自身がその業界で働きたいと考えている考えている方には、今後の人生をどの媒体が強い企業に絞りこむかは重要な事と言えます。

早速になりますが、それでは広告業界の動向について3種類の媒体で考えてみましょう。

1、 紙媒体

2、 映像媒体

3、 Web媒体

以上、三点となります。

これらの媒体ではどのような広告が世に出されているのでしょうか?

それを検証していきたいと思います。

 

紙媒体など



広告として紙媒体は、広く利用されています。

例えば

・新聞(4コマ)

・雑誌(ページ)

・チラシ(イラスト、写真)

・プレゼントキャンペン(応募)

これらに多く利用されています。

さて、広告業界の中で、この状態を得意とする会社として、電通があります。

この電通は業界No1とネームバリューが特に強く、紙媒体のリーディングカンパニーとして、取り組んでいると言っても過言ではないでしょう。

 

映像媒体など



広告として映像媒体が使われるようになってきました。

このような場所で利用されています。

・中吊り(書籍、新製品の販売)

・ステッカー(告知)

・ポスター(宣伝)
電車内などで広まっています。

この形式を取り入れている企業として、博報堂DYホールディングスがあります。

博報堂DYホールディングスは、ネームバリューと電通にはないクリエイティブな面があり、

映像媒体に力を注いでいると言っても良いかも知れません。

 

Web媒体など



最近は、Web媒体での広告が出回るようになりました。

こうした場所で使われることが多くあります。

・バナー広告(宣伝)

・動画(CM)

メールマガジンなどに用いられることが多いそうです。

この形式を採用している企業は、オプトがあります。

オプトは、人材と風土に力を入れ、育成をしている会社であります。

そうしたことから、これからもオプトは社員1人1人を大切していくと思われています。

またWeb媒体は、多くの人が観覧しやすいものを作り続けなければなりません。

 

今後の成長分野



広告の未来

広告と一言で言っても様々な種類が、あることがこれで分かると思います。

今後広告業界に求められていることとは、一体何なのでしょうか?

それは時代にあった伝え方をすることが、大切になってくるように思います。

各業態ともに企業努力を続ける必要があると言えます。

会社の成長はもちろんなのですが、広告業界の成長にもつながると考えられています。

これまで、広告業界というのは景気によって左右されやすいと言われてきましたが、ここ最近は上昇傾向にあるとされています。

その背景には、このような説があります。

「ITが進歩してきていること」が、広告自体の訴求方法を変化させたなどが考えられるそうです。

ネットが普及したことで、情報源となる企業や発信元が個人などにばらけたことなど、収集する先が多くなっていることも、広告業界の支えとなっていることでしょう。

自分の人生で安定を取るか、冒険を取るか、いずれにしても自らも成長ができると期待されます。

2015年1月28日

written

by ut-heartful


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop