現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月13日更新

なぜその「企業」を選んだかを伝える!広告業界の志望動機の作り方

776 views

今のところ広告業界に興味があります。就活の準備として志望動機を考えていこうと思うのですがアドバイスしてもらいたいです。(大学3年生・男性)


 

就活中の男性

 

皆さん、就職活動は大変ですよね。インターンシップに行ったり、OB訪問に行ったり、合同面接会や就職セミナー、会社訪問に行ったりと、様々なことをしていると思います。人によって様々だと思いますが、専門学校や大学に入ったときから、

「絶対この会社!」と決めている人もいれば、色々な会社や企業の説明を聞いているうちに、「この会社がいいな。こういう仕事がいいな。」と思った方も多くいると思います。

そこで今回は、「数ある企業の中で、どうしてこの会社なのか」をテーマに志望動機の書き方を紹介していきます。

 

① こんな方におすすめ!会社の特徴と魅力!



今回は、広告業界で野球やアニメを好きな方におすすめの広告代理店を紹介します。

何故、「野球やアニメが好きな方」におすすめしたいかといいますと、この広告代理店は、とあるプロ野球チームの指定の代理店をしており、野球チームのオリジナルグッズの企画や販売もしています。

また、広告代理店でありながら、アニメの製作や企画も行っているので、このことから野球やアニメが好きな方におすすめします。

さらにこの代理店は、上記にあげた野球チームのオリジナルグッズの商標権はもちろんこと、アニメの版権を管理する分野と、幅広い業務を展開しており、インターネットや動画サイトが普及している、今の世の中で、重要な役割を果たすことは確実です。

 

いかがでしたか?広告業界のひとつの代理店をとってみてもこれだけの特徴があります。広告業界って決めている方は、ある程度、数が絞られてくると思います。だからこそ、数ある企業の中で「どうしてもこの会社に入りたい!」というアピールが重要です。

だからこそ「どうしても入りたいという会社」には入念な下調べをしてください。その企業独自の特徴や魅力をしっかりと頭に入れておけば、「どうして他社ではなく、我が社を選んだのですか?」というニュアンスの質問にもしっかりと答えられます。

 

② しっかりと明確な志望動機を!



「どうしてもこの会社に入りたい!」と思う理由は様々あると思います。その理由をしっかりと持って最後まで貫いてください。これは簡単なことのように思えますが、実際はすごく難しいことです。

何故なら、皆さんは受ける企業は「1社」ではありませんよね?人というものは、色々経験を重ねている内に、考え方が変わったり、悪いと思ったところは、反省をして直したりするものです。もちろんそれは悪いことではありませんし、成長をする過程において大切なことです。

しかし、志望動機においては、最後まで考え方を変えないでください。エントリーシートに書いたことと、実際に面接で言っていることが全く違うと、「この子は優柔不断なのかなと」捉えられてしまい、悪い印象を与えてしまいます。

確かに、広告業界で働くには、豊かな想像性や柔軟な思考が必要です。それとこれは別問題で考えて、最後まで「自分らしく」いてください。私が志望動機を書く上で言えることはこれにつきます。

 

■まとめ



最後になりましたが、皆さんの貴重なお時間を割いて読んでくださって、ありがとうございます。皆さんひとりひとりがこれからを担っていく「社会人」になっていくことを、お祈り申し上げます。頑張ってください!

 

2014年10月13日

written

by ut-heartful


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop