現在17271個の困ったを解決できます!

2014月9月7日更新

リップメイクでこんなに変わる!ぷっくり唇の作り方

8099 views

かわいいモテ唇になりたいです…どうしたらぷっくり出来ますか?(大学2年・女性)


ぷっくり唇は女性の憧れですよね。女性芸能人でいえば、石原さとみさんの唇なんかに憧れたりしませんか?



「私も石原さとみさんみたいな唇が欲しい!」と思う女性も多いはずです。そんなセクシーで色気のある唇もリップメイクに気を付けるだけで、簡単に手に入ってしまいます。そこで今回は、ぷっくり唇の作り方をご紹介したいと思います。

 

これであなたも石原さとみに!セクシーなぷっくり唇の作り方!



早速、ぷっくり唇の作り方をご紹介していきます。

 

::リップメイクの前に保湿してうるおいを!



リップメイクをする前に、保湿をするのが大切です。保湿系の成分がたくさん入っているリップクリームを塗り、5分ほど放置をしておきましょう。



5分ほど放置をしておくと、唇がしっとりしてきます。唇がしっとりしてきたら、1度ティッシュで唇を押さえます。そうすることで、リップクリームの余分な油が取れて、落ちにくいリップメイクを作ることが出来ます。

 

保湿系のオススメリップクリームはDHCの薬用リップクリームです。良かったらチェックしてみて下さい。



画像出典:DHC

http://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=13

 

::リップライナーでベースの輪郭を作っていく



リップライナーで唇の輪郭を作っていきます。色は濃いピンクよりも薄いコーラルっぽい色を選ぶと、自然な唇の色になるのでオススメです。唇より少し大きめに書き、上唇だけにライナーをひくのがポイントです。

 

::リップブラシで輪郭をはっきりさせる



リップブラシで少量の口紅を取り、口角と唇の山を書いていきます。唇の輪郭をはっきり出すことで、綺麗で清潔感があるように見えます。下唇も同様に、リップブラシで輪郭を作っていきます。下唇は上唇よりも厚みがあるので、リップブラシで唇の中央から輪郭に沿って書いていくだけで印象が変わります。

 

先ほど、上唇だけにライナーをひくのがポイントといったのは、下唇の方が唇に厚みがあるため、ブラシで十分、ぷっくり唇になるからです。下唇の一番底の部分を唇より大きめに書くとより、ぷっくりした印象になります。

 

::ベージュの口紅かコンシーラーで唇の色をOFFにする



この過程が1番のポイントとなってきます。元々の唇の色のまま、口紅を塗ってしまうと、せっかくのぷっくり唇がぼやけてしまって、何となく中途半端な印象になってしまいます。そこで、1回唇の色をOFFにして口紅を塗ることで、よりはっきりとしたぷっくり唇になり、発色も良くなります。

 

::全体的な唇はマットタイプの口紅でスティックのまま塗る



最近の女性の間ではパール系の口紅が主流になっていますが、ぷっくり唇を作るには、意外にもパール系の口紅を使いません。ピーチ系でマットタイプの口紅がベストです。

 

マットな口紅がない・・・という方は、MACのマットタイプ口紅がおすすめです。

 



画像出典:楽天市場

http://item.rakuten.co.jp/pureco/prc-s-7069277496/

 

スティックでそのまま全体を塗るので、1回でも十分、発色は良いかと思いますが、「なんだか物足りない・・・」と思う方は、2度塗りしてみると良いです。

 

::リップグロスは口紅とのバランスを考えて丁寧に塗っていく

ぷっくり唇のカギを握っているのはリップグロスです。このリップグロスの使い方をしっかり理解しておかないと、今までの努力も虚しく、印象がガタ落ちになってしまいます。



まず、リップグロスの塗り方です。唇の中央にグロスをおき、口角に向かって広げていきます。この時に唇からはみ出さないように、丁寧になじませていきましょう。より、ふっくら感を追求した唇にしたい場合は、上唇の山の部分と下唇の高い中央部分のみにグロスを塗り、ぷるっとした唇を作ることも可能です。

 

そして重要なのは、口紅とグロスのバランスです。口紅を濃い色にしたときは、グロスは薄い色を選ぶようにしましょう。その反対で、グロスを濃い色にするときは、口紅を薄い色にすると良いです。両方とも濃い色を選ぶと、たらこみたいな唇になってしまいますし、両方とも薄い色を選べば、ぼやけた印象になってしまいます。口紅とグロスのバランスは上手に取っていきましょう。

 



これで、石原さとみ風のぷっくり唇メイクの完成です。とてもセクシーで色気のある唇になりましたね!

 

あなたは大丈夫?こんなリップメイクはNG!



メイクというものは気合が入ってしまうものです。ましてや、好きな人とデートに行く時なんかは、いつも以上に気合を入れてグロスをやたら塗ったりしていませんか?実はこれ、男性ウケがとても悪いのです。

 

「グロスがやたら塗っているのは下品に見える」

「飲み会でやたら唇がテカっているのを見ると女性の気合度が分かって引いてしまう」

 

このように思ってしまう男性が多くいます。グロスの塗り過ぎは逆に女性としての品を落としてしまいますし、唇の輪郭もぼやけてしまうので唇の印象もかえって薄くなってしまいます。女性の皆さんは気を付けて、上手くバランスを取れるようにしましょう。

 

まとめ



いかがでしたか?ぷっくり唇のポイントをおさらいしてみましょう。

 

::ベージュの口紅かコンシーラーで1回唇の色をOFFにする

::口紅とグロスの色のバランスを考える

この2つのポイントを抑えてぷっくり唇を手に入れましょう!あなたのぷっくり唇で気になるカレの心も掴めるかもしれません。

2014年9月7日

written

by 愛沢みを


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop