学生生活の「困った」を解決するウェブマガジン

就活・キャリア

26969 views

Medium 9e3059fb56 fotolia 67731386 subscription monthly m 599x399

【薬学部】国公立と私立、学費の違いはどれくらい?





薬学部って学費が高いんですか?(高校2年生・女性)

研究イメージ





大学の薬学部は薬剤師、あるいは科学者・研究者を養成する学部です。


では薬学部で学ぶには、いったいどれくらいの学費がかかるのでしょうか。


大学の種類でみると、学費が安い方から国立、公立、私立の順となります。


2013年度のデータで具体的にみてみましょう。







国立


最も学費が安いのは、国立大学です。


国立大学で薬学部があるのは14校ですが、どの大学でも初年度納入額は一律817,800円です。



   入学料   282,000円


授業料年額 535,800円


初年度合計 817,800円




http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H16/H16F20001000016.html




公立


公立大学は3校のみです。


各大学で違うのですが、初年度納入額はだいたい90~110万円ほどとなっています。


特徴的なのは、大学のある自治体の住民とそれ以外で入学料に差を設けていることです。




静岡県立大学を例にみてみましょう。


静岡県内の者の入学料は141,000円であるのに対し、県外の者は366,600円となっています。


そのため、授業料年額535,800円と合わせますと、初年度納入額は、次のようになります。



   静岡県内の者 676,800円


静岡県外の者 902,400円




すなわち、静岡県内の者の初年度納入額は、国立大学より安くなるわけです。




http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/admissions/fees/index.html




ただし初年度納入額が国立大学を下回る公立大学は、静岡県立大学だけです。


また他の大学では薬学科と薬科学科で納入額に差があります。


公立で最も学費が高い岐阜薬科大学では初年度納入額は次のようになっています。




薬学科 市外の者 1,179,640円


市内の者  957,640円




薬科学科 市外の者 1,177,530円


市内の者 955,530円




http://manabi.benesse.ne.jp/daigaku/school/2125/





私立


私立大学は56校あります。


初年度納入額はだいたい150~260万円ほどとなっています。


いくつかの有名校をみると、次のようになっています。




[慶應大学薬学科]2014年度


入学金 200,000円


授業料 1,570,000円


在籍基本料 60,000円


施設設備費 29,000円


実験費 19,000円


その他 3,350円


初年度合計 2,313,350円



http://www.admissions.keio.ac.jp/apply/l6j2qm000000fi3h-att/GB15_106-111.pdf





[日本大学薬学部]2014年度


入学金 400,000円


授業料 1,400,000円


施設設備費 650,000円


初年度合計 2,450,000円



http://www.pha.nihon-u.ac.jp/nyushi01.html/#01



[立命館大学薬学部]2014年度


入学金 300,000円


授業料 2,058,000円


初年度合計 2,358,000円



http://ritsnet.ritsumei.jp/fee/index.html



最も学費が高いのは、城西大学の薬学科で次のようになっています。




入学金 500,000円


授業料 1,460,000円


施設設備費 611,000円


諸会費 63,000円


初年度合計 2,634,000円




http://www.josai.ac.jp/admission/




一方、最も学費が安いのは、日本薬科大学の医療ビジネス薬科学科で次のようになっています。




入学金 300,000円


授業料 1,200,000円


初年度合計 1,500,000円




http://www.nihonyakka.jp/b0000/b4000.html








いかがでしたでしょうか。


学費は大学によってかなり幅があることがわかります。


学費だけが大学選びの決め手になるわけではありませんが、


学費は決して安いものではありませんので、学費を踏まえたうえで大学を慎重に選びたいものです。

Written by higeta

関連記事

おすすめ記事