現在17271個の困ったを解決できます!

2014月9月7日更新

今年のバレンタインは家デート♡今までで1番!って言わせる5つのプラン

5144 views

おうちでバレンタインを楽しみたいのですが、何かいいアイディアはありませんか?(大学2年・女性)


出かけるバレンタインデートも良いけれど、たまにはお家でバレンタインデートもおすすめです。いつもとはちょっと違うところを見せて幸せな1日にしましょう。

Couple on the beach sunset

© EpicStockMedia - Fotolia.com

■部屋を飾り付けてみる



 

誕生日はクリスマスのように、部屋を飾り付けしてみるのもかわいいです。置物やガーランドを始め、壁にいろいろ貼ってみても面白いですね。自分でランチョンマットを作り、彼へのメッセージを書いてみても素敵です。何かを作るのは苦手…という方も、1から作らなくても市販品のリメイクで立派なものが作れますのでぜひ挑戦してみて下さい。

鮮やかで可愛らしい部屋は自分のテンションも上がりますし、彼と楽しい時間を楽しむ手伝いをしてくれるのではないでしょうか。出来る限り、生活感の溢れるものは片付けておく事をおすすめします。

 

■料理やデザートを用意しておもてなし



いつもよりちょっとだけ凝ったお料理を出してみましょう。バレンタインだしとチョコレートを使った料理に挑戦してみるというのも素敵ですが、作る慣れていなくて失敗してしまう可能性があるのであればやめたておいた方が無難です。そして新しい料理に挑戦してみるよりも、簡単な料理を素敵に盛り付ける方が安心です。

野菜を型抜きしてみたり、ピンチョスにするなどするとおしゃれですね。とはいえ男の人には、やたらヘルシーな料理やおしゃれすぎて食べにくい料理よりも食べやすい料理やがっつりめの料理の方が喜ばれるようですので何事も適度に、を心がけて下さい。彼をひとりで待たせてしまうのも避けたいですので、時間がかかる料理もやめておきましょう。

前日から準備をしておく、出来上がる直前までは予め作っておくなどすると、待たせる時間を減らす事ができます。デザートも先にできるところまで盛っておくなどして、ささっと出せるようにしておきましょう。

 

 

■一緒に作ってみる



料理が嫌いではない、という彼であれば一緒に作ってみるというのも楽しいのではないでしょうか。ですが初めから全て一緒に作っていると、時間がかかったり思うように作れなくてしなくて良い喧嘩をしてしまう恐れがあります。後は仕上げるだけ!というところまで準備をしておけば、自分にも余裕ができますので、思うようにできなくても喧嘩になる確率は減ると思いますのでおすすめです。例えばハンバーグの形を作るところなら簡単にできますし盛り上がりやすいです。

ニョッキの成形も楽しいかもしれません。デザートであれば、例えばクリームを絞るなどがあまりしたことがない場合が多い割に実際やってみると楽しかったという人が多いのでおすすめです。

 

■彼の家でデートしてみる



自分の家でのデートではなく、彼の家でデートというのも楽しいです。彼の家のキッチンがあまりにも料理に向いていない場合は難しいですが、そうでなければ彼にキッチンを借りて料理をしてみるというのはいかがでしょうか。その時はもちろん、材料・エプロン・足りない調理器具などは持参します。

それから、事前に調理器具・電化製品など借りても良いか確認しておくのをお忘れなく。慣れていないキッチンを使うというのは少し面倒ではありますが、"自分の家で料理している彼女の姿"にときめく男性がいるのは事実です。デザートはその場で簡単に作れるものでなければ、持参すると良いでしょう。

 

■ゲームをしてみる



チョコの渡し方についてです。いつも通りそのまま渡すのも良いかもしれませんが、ちょっと変わった私方として、ゲームをしてみると良いかもしれません。

例えば、宝探しゲームです。こういう渡し方が嫌いな彼にはやるべきではありませんが、ノリの良い彼なら喜んでくれるのではないでしょうか。チョコは予め彼が家に来る前に隠しておく事をおすすめします。また、あまりに広い範囲から探すようになると大変ですので、範囲は決めて始めると良いでしょう。また、どうしても見られたくないものがある方は、それらのものを移動させておくのをお忘れなく!

方法としては例えば「○○の辺りに隠してあります」などと教え探してもらう方法、クイズを紙に書いたり、"○○に向かえ"などの指示を読みながら探してもらう方法があります。準備は大変かもしれませんが、考えれば自分たちに合った様々な方法が見つかるのではないでしょうか。

 

いかがでしょうか。彼と素敵なバレンタインの1日を過ごせると良いですね。

2014年9月7日

written

by きりしろ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop