現在17272個の困ったを解決できます!

2014月9月6日更新

「大学中退」を履歴書にどう書くべきか?

9210 views

大学中退なんですが履歴書にかくべきでしょうか?




© takasu - Fotolia.com
 
大学を中退した人が就職活動の際に悩むのが、

「大学中退を履歴書にどのように書くか」ということだと思います。

今回は、大学中退を履歴書にどのように書くか、その書き方をご紹介します。

 

大学中退は履歴書に書くべきか



経歴の中に空白の期間があると、面接などで、

その期間どのように過ごしたのかについて説明を求められます。

1~2年の浪人期間や留年期間はさほど影響はないので書かなくても良いですが、

長期の休学の場合や大学中退の場合は、必ずと言っていいほど面接でその理由を聞かれます。

なので、大学中退の場合でも履歴書にきちんと記載した方が良いです。

中退をしているとは言っても、大学に入学出来るだけの学力があったという事の証明にもなります。

もし書かない場合、そのまま就職してのちに

「履歴書では高卒と書いていたのに、実は大学中退だったことが分かった」となれば、

かえって印象が悪くなってしまう可能性もあります。

正直に書いておくのが良いでしょう。

同時に中退理由についても触れておく方が良いと思います。

 

中退の経歴を前向きなアピールにつなげる書き方



大学を中退したことを後ろ向きに考えるのではなく、

その経験から学んだことをアピール材料として前向きに発信していきましょう。

 

大学中退の経歴の書き方は、学歴欄に、高校までの経歴を記載したのち、

大学入学時期と大学名・学部・学科を記載し、

その次の行に「平成○年○月 ○○大学中途退学」などと記載しましょう。

 

その次の行には中退の理由を、

「家庭の事情による」、「進路志望変更による」など簡単に書き添えるのが良いでしょう。

採用担当者が読んで納得するような理由や前向きな気持ちが伝わる内容を加えることで、

マイナス要素を払拭することができます。

大学を前向きな理由で中退した場合は、その事を明確に記載しましょう。

逆に、後ろ向きな理由で大学を中退した場合、

それをそのまま履歴書に書くと、絶対に印象は良くありません。

中退の理由は簡潔に説明して、中退から就職活動をするに至った経緯などを書いて、

前向きさをアピールすると好感度アップにつながりやすいですよ。

中退に限らず、マイナスの印象を与える事を履歴書に書く場合は、

全てにおいて、同時にそれを補うプラス要素を書いておく必要があると思います。

中退であっても学校で学んだことを伝えたい場合は、備考欄や自己PR欄に記入しましょう。

「中退の経験を通してこのように自分は成長できた」という点を説明できれば、

好感の持てる履歴書になることでしょう。

病気など健康上の理由の場合は、現在は病気が完治し、勤務に支障がないことを伝えましょう。

 

 

いかがでしたか?

大学中退を履歴書に書くことに対して抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、

自分の努力とアピール次第で印象はだいぶ違ってくると思います。

大切なのは、採用者側に「一緒に仕事がしたい」と思ってもらえる履歴書に作ることです。

中退の経緯については分かりやすく簡潔にまとめ、

応募の動機や自己アピール等をより重視しましょう。

 

参考サイト「大学中退就職ガイド」

http://大学中退就職.com/

2014年9月6日

written

by marurun


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop