現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月22日更新

入らないと不利?ゼミの就職に対する影響について

10101 views

就活ってゼミ入ってないとだめなんでしょうか?(大学2年・男性)


 

ゼミ

就活について考えた時、ゼミはどれほどの影響があるのか考える人は少なくないようです。
ゼミに所属していないと不利になるのではないか、悩む方も多いのではないでしょうか。
今回はこれについて考えてみましょう。

 

■それぞれの利点について



そもそもゼミに所属している場合と所属していない場合、それぞれどのような利点があるのでしょう。

 

ゼミに所属している場合



・個人だけでなく複数人で進めていく事があるため、人と連携する方法を学べる。
・1人では見落としてしまいがちな事に気付くことができる。

・複数人で同じ事をしていた場合はより精度が上がる。
・行き詰まってしまった時、同じ目標を目指している人に助けを求められる。

・自分のペースを守る事の大変さと大切さを知ることができる。
・自分の都合だけ考えていてはいけないなど、人との関わり方を学べる。
・チームワークの大切さを知ることができる。

 

ゼミに所属していない場合



・1人で課題に気付き、それらを解決していく力が養える。
・1人でも、考え進んで行く力が養える。

・自分を信じてやりきる力がつく。
・やりきった感をより強く感じられる。

・自分だけでもできるのだという自信がつく。
・1人でやり切る事の大変さを知る事ができる。
・仲間を作る事の大切さを知ることができる。

少し考えただけでも、それぞれにこのような事が考えられます。

たとえばこれらのことを、それぞれの立場で面接官に伝えた場合、
「どちらがより良いか」という話になるでしょうか。それぞれに良いところがある事がわかります。

つまり

ゼミに所属している方が有利にならない事はない
けれど、ゼミに所属していない事自体が不利になる事もない

という事になります。

 

■面接の時に重要な事



どちらにしろ、面接官にしっかり伝える事が大切です。

 

ゼミに所属している場合



ただ所属していれば良いわけではありません。
なぜそのゼミを選んだのか、はっきり説明できる事が大切です。

 

ゼミに所属していない場合



所属していなかった事自体が不利になるわけではありません。
どのような理由で所属していなかったのか、
そして所属せずにどのような事をしてきたのかをしっかり説明できる事が大切です。

 

どちらにしろ



どのような事をしてきたのか、どのように取り組んできたのか。
何をどのように学び、何を得たのか。
それらが今後社会人としてどのように繋がりどのように役立つと思っているのか。
自分にどのような形で身についていると思うのか。そのような事を伝えましょう。

 

■これは研究テーマについても同じような事が言えます。



どのテーマだから有利になるというものではなく、
そのテーマにどのように取り組み何を得たかが大切なのです。

ただ、専門職など企業や職種によっては重要視する場合もまれにあるようなので、
自分が将来就職したいと思う業種、企業を調べてみると良いかと思います。
どちらにしろ、そんなに悩み過ぎないようにしましょう。
そして有利なのか不利なのかばかりに囚われず、自分をどうアピールするのか、
自分がやってきた事をどう伝えて行くのか、それらを考える方が良さそうです。

2014年10月22日

written

by きりしろ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop