現在17271個の困ったを解決できます!

2014月9月17日更新

アラビアンナイトの世界!ドバイ観光の8つのお楽しみポイント

933 views

 アラビアンナイトってなんでしょうか。詳しく教えてください。(大学2年生・男性)


建設ラッシュが相次ぎ、近未来的な都市に変貌し続けるドバイ。
一方で、アラビアンナイトの世界を彷彿とさせる、中東らしさ、砂漠の国らしさも残っています。
エキゾチックなドバイを感じられる、おすすめの観光ポイントやスポットをご紹介します。

 

 

1:デザート・サファリ





画像提供:ドバイ政府観光・商務局キャンペーンサイト

ドバイを訪れたら絶対に体験していただきたい、大人気の砂漠アクティビティです。
プランは、デューン(砂丘)ドライブやキャメル(ラクダ)ライディング、アラブ料理のBBQディナーなど多彩。
広大な砂漠に沈む夕日の美しさは、忘れられない思い出になること間違いなしです。

砂漠で過ごす星月夜に、正真正銘のアラビアンナイトを満喫できます。

 

 

2:ジュメイラ・モスク





画像提供:http://www.tabikobo.com/dubai/

イスラム教徒でなくても入場できるモスクは、ドバイではここだけ。
アラビア語で「美しいモスク」と名付けられたとおり、昼も夜も美しい姿が印象的です。
内部は予約不要のガイド付きツアーで見学でき、写真撮影も可能なのが嬉しいポイント。
イスラム教の礼拝の実演や、民族衣装の説明など興味深い内容が満載。
(アクセス:アルファヒディ(Al Fahidi Metro)駅2から徒歩約10分。
またはドバイ・オールドスーク・マリーントランスポートステーションから徒歩約10分)

 

 

3:バスタキヤ地区





画像提供:ドバイ政府観光・商務局キャンペーンサイト
ドバイの歴史的な街並みを保存した、リノベーションエリア。
細い路地をのんびり散策すれば、エキゾチックなドバイを満喫できます。
ラクダ肉のハンバーガーを食べられるレストランや、中庭のあるカフェ、ギャラリーなどもあります。
夜はライトアップされ、より幻想的な雰囲気に。
(アクセス:アルファヒディ(Al Fahidi Metro)駅2から徒歩約10分。
またはドバイ・オールドスーク・マリーントランスポートステーションから徒歩約10分)

 

 

4:SMCCU(シェイク・モハメッド文化理解センター)





画像提供:SMCCU(シェイク・モハメッド文化理解センター)

UAEの文化や生活、宗教などを、気軽に楽しく理解できるプログラムを開催する非営利団体。
ジュメイラ・モスクツアーや、バスタキヤ地区ウォーキングツアーなど。
伝統的なアラブ料理を堪能しながら、現地の方と交流できるプランもあります。
レクチャーやQ&Aセッションなどインタラクティブな内容で、ドバイをよりディープに知ることができると大人気。
(アクセス:アルファヒディ(Al Fahidi Metro)駅2から徒歩約10分。
またはドバイ・オールドスーク・マリーントランスポートステーションから徒歩約10分)

 

 

5:ドバイ博物館





画像提供:http://www.hankyu-travel.com/

かつて砦として使われていた、ドバイ最古の建造物を利用した博物館です。
精巧な蝋人形を使って、昔のドバイの生活や真珠産業の様子をリアルに再現しており、見応え充分。
大砲などの武器や楽器、昔の空調設備ウィンドタワーなども展示。
ドバイの歴史をわかりやすく知ることができる、貴重なスポットです。
(アクセス:アルファヒディ(Al Fahidi Metro)駅2から徒歩約10分。
またはドバイ・オールドスーク・マリーントランスポートステーションから徒歩約5分)

 

 

6:スーク(市場)





画像提供:ドバイ政府観光・商務局キャンペーンサイト

アラビアンムードを感じられる伝統的なスークで、ショッピングはいかがでしょう。
ゴールドスークは、金はもちろん、銀やダイアモンドなど貴金属と宝石の専門店が集まり、豪華絢爛。
スパイススークは、日本では高価なサフランなどをお手頃価格で購入できます。
他にも、テキスタイル、パフューム、野菜、魚や肉などなど。
値段交渉を楽しみつつ、お気に入りの品を探してみてくださいね。

 

 

7:ドバイ・クリークとアブラ(水上タクシー)





画像提供:http://www.tabikobo.com/dubai/

ドバイ・クリーク(川)では、アブラ(小型木造船)が行き交い、ローカルな雰囲気を味わうことができます。
アブラは水上タクシーとして、昔も今もドバイの人々の大切な交通手段。
スークが集まるデイラ地区とバール・ドバイ地区を行き来するのに、格安で大変便利です。


8:お土産



画像提供:http://www.hankyu-travel.com/

☆スイーツでは、ドバイ名産のデーツ(なつめやし)や、ラクダのミルクを使ったチョコレート。
どちらも栄養価が高く美容にも良いので、おしゃれ女子にもおすすめです。
☆アラビックデザインのお土産で、帰国後も旅の余韻に浸るのもステキ。
小物やランプ、アクセサリー、香水瓶、ラクダのぬいぐるみなど、カワイイ物の宝庫です。
☆「シティー・オブ・ゴールド」、ドバイでフンパツ!金製品。
ピアスやリング、ブレスレット、ネックレスなど、デザインも豊富にあります。

 

 

いかがでしょうか?

砂漠の国ドバイには、アラビアンナイトの世界に浸れるポイントが満載。
エキゾチックな雰囲気を満喫して、ドバイの旅をよりいっそう楽しんでくださいね。

 

 

2014年9月17日

written

by 雪月風花


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop