現在17272個の困ったを解決できます!

2014月9月28日更新

女子旅にも♪モロッコ観光おすすめスポット5選

473 views

美容に雑貨に食事にと、女性にとってメリットばかりの魅惑の国モロッコ。
「行ってみたいけど、実際に行くとなると不安…」という方も多いのではないのでしょうか。
例えば、モロッコの中でも栄えているマラケシュはパリからわずか3時間で到着できるくらい、 気軽に行ける場所です。
更に他の都市へ足を伸ばせば全く違った雰囲気を楽しめるのも、 アジア、アフリカ、ヨーロッパの流通の中間地点であるモロッコならでは。
ここでは、モロッコのオススメ観光スポットを御紹介致します。


フェズ



フェズはモロッコ北部に位置し、芸術や文化、思想、宗教が集まる中心都市として知られています。
またメディナと呼ばれる旧市街地は、 まるで迷路のような複雑に入り組んだ街の構造から 世界遺産に登録されました。
メディナ内は階段や坂道が無数に存在するため、車を利用することができず 専らロバやラバが使われています。
カラウィン・モスクは世界最古の大学と言われており、 フェズで最も古い建物として存在感を放っています。

古都フェズに相応しいアンティークな建物が多い
出典:http://www.morocco-emba.jp/aboutmorocco/city_fez.html#img/fes/fes1.jpg

 

マラケシュ



モロッコ南部に位置する、花の都マラケシュ。 雪が残る大アトラス山脈を背景にジャスミンやミモザの花が咲き誇るマラケシュは、
ベルベル語で「神の国」を意味します。
そのマラケシュの中でも歴史的建造物や市場が集まる旧市街は 女性は絶対に見逃せません。
バブーシュからガスールまで可愛い雑貨やモロッココスメのお店がたくさん集まっており必見です。
もちろん旧市内には無料でベリーダンスを披露してくれるレストランもあるので、 是非お見逃しなく。

南部の楽園と呼ばれているマラケシュ 出典:モロッコ王国大使館

 

シャウエン



シャウエンはモロッコ北部・リーフ地方の山中にある青色で染められた街です。
この街はもともとはスペイン領だったのですが、モロッコ独立の際にモロッコの都市となりました。
青く染められているのは一部ではありますが、 まるで深い海の底にいるような不思議な感覚を味わうことができます。
街が青く染められた理由には諸説ありますが、 最も有力なのはこの地に住んでいたユダヤ人が 彼らの神聖な色とされている青色に染める習慣があったためとされています。
周りの雄大な自然に囲まれた様々な青のグラデーションの中にいると 日頃の喧騒から開放されること間違いありません。

昼と夜で姿を変える青の街、シャウエン 出典:4travel.jp

 

エッサウィラ



エッサウィラはマラケシュの西側に位置する港湾都市で モロッコ人が死ぬまでに必ず訪れたいと憧れる美しい観光地です。
海の面した街で、かもめが飛んでいる景色がとても絵になります。
実はこちらも街中が青と白で染められており、青と白のリゾートと言われています。
またエッサウィラは芸術家が多い街として有名で、 その為かマラケシュと同じくらいに可愛い雑貨にもいっぱい出会うことができます。
エッサウィラは港湾都市なので、毎日新鮮な魚が取れ、 美味しいシーフード料理を食べるのにも最適です。

風の街、エッサウィラ 出典:www.thebeautyshortlist.com

 

ラバト



ラバトはモロッコの首都です。 ハイビスカスの赤と濃い緑が鮮やかで、 洗練された雰囲気を感じられることから庭園都市と呼ばれています。
中心部は城壁に囲まれており、旧市街と新市街両方が世界遺産に登録されています。
元々フランス領だった時代にフランス人建築家・アンリ・プロストによって設計された都市のため、
現在でも古代のイスラム文化と西洋文化が融合した美しい街並みを見ることができます。

美しい行政都市、ラバト 出典:モロッコ王国大使館

 

以上、場所によって全く異質の表情を見せるモロッコ。
美味しい食事と可愛い雑貨、そして美しい街並みに囲まれて過ごせば 女子力も更にアップするはずです。
メリットいっぱいのモロッコの旅、行かれてみませんか。

2014年9月28日

written

by tc_wk


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop