現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月11日更新

初心者向け!行けばイタリアに恋をする5つのスポット

138 views

卒業旅行にイタリアへいこうと思っています。絶対に外せないスポットを教えてください!!(大学2年生・女性)


イタリアは観光地も多く、グルメも絶品ということで、大人気の旅行先ですね!
「いつかは行ってみたい」と憧れている人も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、初めてイタリアに行く人が押さえておきたい5つのスポットをご紹介したいと思います。

 

1.トレヴィの泉



ローマに行く際には、必ず訪れたい場所ですね。
古代のウィルゴ水道の終点にあたるのが、「トレヴィの泉」です。
ローマには複数の泉がありますが、最大の規模を誇ります。
泉にコインを投げると、願いが叶うという伝説は、あまりにも有名です。

1枚投げると、再びローマを訪れることが出来る。2枚投げると、好きな人と、一生添い遂げることが出来る。
3枚投げると、夫や妻と別れることが出来る。
というのが言い伝えです。
ちなみに投げたコインは、すべてチャリティーに回されているそうです。

現在は、修復工事中なので、要注意。

【アクセス】地下鉄A線Barberini(バルベリーニ)駅下車。徒歩約15分

 

画像出典:Wikipedia

 

2.サン・ピエトロ大聖堂



サン・ピエトロ、つまり、聖ペテロはキリストの使徒の1人で、初代ローマ教皇です。
そのペテロが殉教し、墓の上に建設されたのが、サン・ピエトロ大聖堂です。

こちらも、ローマを訪れた際には忘れてはいけない場所の1つでしょう。
ローマ教皇の住むバチカン宮殿やバチカン美術館などが隣接。
それらのバチカン市国全体が、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。
内部の見どころは、ミケランジェロ作『ピエタ像』です。
ダン・ブラウンの小説が原作の『天使と悪魔』の舞台にもなっているので、映画を観てから行くと、感動もひとしお!

【アクセス】地下鉄A線Ottaviano San Pietro(オッタヴィアーノ・サン・ピエトロ駅)から徒歩10分



画像出典:Wikipedia



画像出典:Wikipedia

 

3.コロッセオ



古代ローマ時代の円形闘技場跡。西暦75年から建設され、80年から使用開始。
約5万人を収容することの出来る巨大な施設です。
当時の皇帝の主催により、市民を喜ばせる娯楽として、
猛獣と剣闘士の戦いや、死刑囚の処刑など、残酷な行事が行われていました。
映画『グラディエーター』では、コロッセオを模したセットが建設され、撮影されています。

【アクセス】地下鉄B線Colosseo(コロッセオ駅)から徒歩1分

 

画像出典:Wikipedia

 

4.サン・マルコ広場



「屋根のない宮殿」と呼ばれ、ナポレオンも美しさを絶賛したといわれる広場。
ベネツィア観光の際の中心地となります。
広場には他の見どころとなる、サン・マルコ寺院、ドゥカーレ宮殿、鐘楼が隣接。
つねに観光客でにぎわっており、周囲にはカフェ、ショップ、レストランなどもあります。
ベネツィアではゴンドラに乗る体験も出来るので、ぜひ観光では取り入れたい場所です。

【アクセス】水上バス1線S.MARCO VALLARESSOから徒歩5分



画像出典:Wikipedia

 

5.ドゥオモ(ミラノ大聖堂)



14世紀末、ミラノの君主ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティは跡取りに恵まれませんでした。
そこで、バチカンのサン・ピエトロ大聖堂を目指し、
聖母マリアに捧げる壮大な大聖堂を建設しました。
見どころは外観の尖塔と、内部の精巧な装飾です。
内外に3500の彫像が施され、屋上には135本の尖塔があります。

【アクセス】地下鉄Duomo(ドゥオモ)駅から徒歩約1分

 

画像出典:Wikipedia

いかがでしたか?
どの観光地も大人気の有名スポットです。
その姿を一度見たら、きっとイタリアが大好きになってしまいますよ。

2014年10月11日

written

by plumeria


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop