現在17272個の困ったを解決できます!

2014月9月29日更新

無意識のうちに彼女を嫉妬させてしまっている男性の7つの行動

25896 views

 最近、やたらと彼女が浮気を疑ってきます。無意識のうちに女性を嫉妬させている男性の行動を教えてください。(大学3年生 男性)


無意識に彼女を嫉妬させてしまう男性

© DigitalGenetics - Fotolia.com

 

彼女が、わけもなくよく怒る。
イライラしている。
その原因が、「嫉妬」だったということはありませんか?
なんだ、浮気している訳でもないのに。
なんでそんなに怒っているんだ?と呆れることもあるでしょう。

しかし嫉妬している方はいい気分ではありません。
彼氏が他の子に取られると思うと、イライラ、ハラハラ。
心が休まる暇がありません。
嫉妬がたび重なれば、お互いストレスとなります。
「こんなに疲れる人だとは思わなかった。別れよう」
と言う事になってしまうかもしれません。

そんな事にならないためにも、
ここでは無意識のうちに彼女を嫉妬させてしまっている男性の行動を7パターンあげてみたいと思います。

 

1、よく相談されやすい・相談にのるのが好き



こちらは皆のリーダー的存在の人に多いパターンです。
数人が集まると、いつの間にか自分がまとめ役になっている……という人は要注意。
世話好きで、面倒を見てあげるのが大好き。
よく人から相談事を受けるなど。
なんとなく相談に乗ってあげていただけなのに、
彼女が猛烈に嫉妬していた……なんてこともあるかもしれません。

 

2、皆に優しい八方美人な性格



女性にもいますが、男性にもいます。
誰にでも優しい人。
頼まれたら断れない、困っている人を見ると助けたくなる。
そんなタイプの人です。

このタイプの人は相手がたとえ自分の特別な人じゃなくても
困っていたら惜しみなく手助けしたいと思うのです。
もちろん本人としては下心があってやっているわけではないので、
嫉妬されると「なぜ?!助けてあげているだけなのに」と思う事でしょう。

しかし彼女としては他の女の子にあまりに優しくしていると、
相手の子も勘違いするのではないか?等と、ヤキモキするものなのです。

 

3、女友達が異様に多い



たまにいますよね。女友達が異様に多い男性。
そしてそういう人に限って、女性と二人で飲みに行ったり、出かけるのにもそんなに抵抗は無いのです。
だってあの子とは、ただの友達だから。
何年もずっと友達関係の子だから。
なるほど、そうかもしれません。

でも、彼女は不安で仕方ないのです。
どうしても女友達を減らしたくないというのであれば、彼女もいっしょに誘うとか、
他の男性も交えた数人のグループで遊ぶとか、した方が良いでしょう。

 

4、鈍感すぎる



びっくりするぐらい鈍感の男性は要注意です。
例えば、サークルやグループ内で、誰と誰が付き合っている……だとか
誰々は、○○が好きみたいだ……とか、そういう噂に最後まで気が付かない人。
そういうタイプの男性です。

そういう男性は、自分に好意を寄せている女性にも全く気が付かないという特徴があります。
ハッキリと「好きだ」と言われないと気付かないわけです。
ですから、女性が自分に妙に優しくても食事に誘われても、自分が好かれているとは思わないため、
側で見ている彼女としては、鈍い彼氏にイライラして、「何故、はっきり断らないのだろう」
等と、不安になってしまうのです。

 

5、前の彼女の話、前の彼女からのプレゼント



前の彼女の話を何かと出してくる男性です。
それも悪気なく、わざと嫉妬させようとしているのでもなく、本当に無意識に会話に挟んでくるのです。
「前に来たときは、雨だったなぁ。あ、前の彼女と来たときなんだけどね」
とか
「前カノは我がままだったから、しょっちゅうドタキャンされたな」
等の、前の彼女のマイナスの話であってもご法度なのです。

また、前の彼女からのプレゼント等を何気なく残していませんか?
明らかに彼氏の趣味じゃないもの、女からの贈り物は、敏感な彼女ならすぐに見て分かるのです。
物に罪はありませんが、そういった物は家の奥深くに隠すか、処分するのがベターです。

彼女としては、前の彼女の匂いのするものは一切触れたくないのです。

 

6、無口で説明ベタ



男性に多いかもしれません。
説明が苦手で、いちいち細かい事まで彼女に報告するのが面倒……という人。
「言わなくても、俺の気持ちは分かっているだろう」
といって、安心しきっているタイプです。

そんな男性は、誤解も受けやすいのです。
ゼミの打ち合わせで二人きりでお茶をしただけなのに。
俺の親友の事が好きだと言うから、相談に乗っていただけなのに。
説明すればすぐにとける誤解なのに、
それを面倒くさがったために彼女に勘違いされて、嫉妬されてしまうのです。

 

7、やたら忙しい人



一緒にデートしていても、しょっちゅうスマホが鳴る。
ラインが鳴りっぱなし。
常にスマホを手放さない。
週末の予定は、一か月先まで埋まっている……など。

バイトの予定や、勉強、男友達との予定、色々と学生時代も忙しいものかもしれません。
しかし、忙しいと時間の流れが速く感じるものです。
自分にとっては、あっという間の一か月。

しかしどうでしょう。
バイトしていなくて、友人も少ない彼女だとしたら?
一か月はきっと長く感じるかもしれません。
気が付いたら、一週間、彼女に全く連絡をしていなかった。
忙しすぎて、彼女を放置してしまっていた。
そんな人は要注意です。

彼女にとっては、一日、一日が長くあなたからの連絡を待ち続けていたかもしれません。
自分は退屈だから、もっと楽しい女の子と遊んでいるに違いない……と嫉妬されてしまうかもしれません。

 

まとめ



いかがでしたか。
嫉妬されるということは、愛されている証拠。
もし軽い嫉妬だったり、たまにされる程度であれば、そんな彼女を「可愛いな」と感じるかもしれません。

しかしどうでしょう。
嫉妬の原因が自分の身に覚えのないものだとしたら?
つまり無意識のうちに彼女を嫉妬させてしまっているとしたら。
そんな時に考えられる原因を今回は挙げてみました。
参考になりますように。

2014年9月29日

written

by meadow


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop