現在17272個の困ったを解決できます!

2014月9月25日更新

脳を活性化させられるちょっとした行動10選

339 views

 ここぞ!というときに、脳の働きを活性化させたいです。普段の習慣などから、頭をすっきりさせる方法ってありませんか?(大学3年生 男性)


パソコンの前で考えている様子の女性

© naka - Fotolia.com

 

やることや考えることがたくさんあって、毎日忙しく過ごす日々。
体と同じように脳もクタクタです。

脳を活性化させながら毎日を効率よく過ごしましょう。
様々な方法の中から自分に合ったものが見つかり、キラキラの毎日を過ごせるといいですね***

 

 

1. 1日に1リットルのミネラルウォーターを飲む



水を飲むことは身体にいいだけでなく、記憶力向上にも効果的。
ミネラルウォーターに含まれる“シリコン”が、神経細胞中の“アルミニウム”を除去し、認知能力を活性化させるそうです。

一度にまとめて飲むよりもこまめに時間をかけて飲む方が効果的。

 

2. 目の体操をする



30秒間、目を左右にキョロキョロ動かすだけで、脳の反応が良くなるそうです。

 

3. こぶしを握る



記憶したいことを覚える過程でこぶしを握ると、記憶力がアップするのだそう。

やり方:右のこぶしを握り、暗記する。左のこぶしを握り、同じものを暗記し復讐する。

 

4. 音楽を聴く



音楽を聴くときというのは、右脳で処理が行われています。
なので音楽を聴くことによって、普段言葉として使っている脳と違う部分を使うため、脳が活性化されるのだそう。

右脳を良く使っている時は左脳を、左脳を良く使っている時は右脳を使いましょう。

 

5. 自然の高周波を聴く



自然の中では、耳に聞こえない高い周波数の音が鳴り続けています。
この高周波音は、聴覚を通して心や体を癒し、脳を活性化してくれるそうです。

 

6. 食生活を考える



人間が生命維持するうえで欠かせない「5大栄養素」(タンパク質・脂質・糖質・ビタミン・ミネラル)をバランス良く摂りましょう。

また、脳の原料のタンパク源である大豆食品や、体内でブドウ糖(脳の唯一のエネルギー源)に変わる炭水化物を摂ることも脳の活性化に大切です。

 

7. よく噛む



噛めば噛むほど、脳血流が増加することが研究で明らかになっているそうです。

 

8. 歯磨きをする



脳が疲れた後の歯磨き行動が脳や心理に与える作用を研究した結果、
脳が疲れた後の歯磨き行動は、脳を活性化し、気分をリフレッシュする効果を持つそうです。

 

9. 適度な運動をする



運動による筋肉の収縮は、血液の循環を促進するポンプの働きがあり、有酸素運動で酸素を取り入れると、脳にも大量の酸素が供給されます。

長時間同じ姿勢をとっている時は、一定時間ごとに適度な運動をし、脳に酸素を供給しましょう。

 

10. 新しい体験をする



いろいろなことに興味を持ち、新しいことを考えたり、経験したりすると、脳は刺激を受けて活性化します。
何も考えずに、今までずっとやってきたことを繰り返すような変化のない毎日は、あまりよくありません。

旅行や食べ歩き、映画やコンサートを楽しむなど、面白いものを見つけ出し、脳に刺激を与えましょう。

 

 

“脳を活性化させられるちょっとした行動10選”いかがでしたか。
疲れた時、脳の働きが鈍くなってきたなと感じた時、普段の生活の中で皆さんも試してみてはいかがでしょう。

クリアに働く脳で、生き生きとした効率の良い毎日を送りましょう***

 

 

 

 

 

2014年9月25日

written

by moon


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop