現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月22日更新

カラオケを盛り上げる曲ランキングベスト10

18515 views

みんなでカラオケにいくと何故か僕の歌うときだけしんみりしてしまいます。歌うと盛り上がる曲を教えて下さい。(大学1年・男子)


 

カラオケ

 

大学生はカラオケに行く機会がとにかく多いです。歌がうまいわけでもなく、
顔がいいわけでもない人がカラオケでヒーローになる一番の近道はとにかく場を盛り上げることです。
今回はカラオケで絶対に盛り上がる鉄板ソングを10曲紹介します

 

1.リンダリンダ



THE BLUE HEARTSの代表曲、リンダリンダ。

男女問わず、オタクからギャルまで誰でも一度は聞いたことのある曲です。
もし聞いたことがなくても同じリフと同じ歌詞で進行するので誰でもノれること間違いありません。
盛り上げ曲でありながらもかっこよく歌える曲でもあるのでモテたい男子諸君にもおすすめ。

キーが低いので歌が苦手な人でも歌えるのもナイスです。
一番大事なことは甲本ヒロトになりきること、です。

 

2.Ready Steady Go



L’Arc-en-Cielです。大学生の世代だと知らない人もほとんどいないといっても過言ではない有名曲。
アップテンポなので盛り上がり度は非常に高く、なおかつかっこいいです。
モテと盛り上げを両立できる夢の様な選曲です。
サビでコーラスしてもらえるのでみんなで歌えますね。
しかしキーが高く難しいので要注意。

 

3.リライト



ASIAN KUNG-FU GENERATIONといえばこの曲ですね。
いうまでもなくサビで盛り上がります。
難しいと思われがちですが意外とキーは低いのでだれでも歌えます。
こちらもかっこいいので女の子ウケもバッチリです。

 

4.夏祭り



JITTERIN'JINN。ホワイトベリーなどのカバー曲が有名ですが、原曲はJITTERIN'JINNです。
誰でも知っている懐メロの類です。
季節モノなので寒い時期にはあいませんが……
リズムが取りやすいので合いの手が入れやすくみんなで歌えます。
男の人がオクターブ下でうたっても楽しいです。

 

5.バンザイ



ウルフルズの渋さが炸裂します。
出だしが一番盛り上がるポイントでかっこいいポイントなので、最初の音を大切にしましょう。
ガッツだぜ!などに派生しても盛り上がります。

 

6.FLY AGAIN



今少し流行りのMAN WITH A MISSION。
知名度がそんなに高くないので音楽をそんなに聞かない人達には
認知されていないかもしれませんが、女子大生は大体、MAN WITH A MISSION好きが多いみたいです。
知られていなくても同じフレーズが続くので初めて聞く人もノリやすいので問題なしです。




7.イケナイ太陽



もはや懐メロに分類されるのでしょうか、オレンジレンジ。
人気ドラマの主題歌でもあり、今の大学生が中高生のころに流行った曲ですね。
コーラス部が入りやすく、みんなで盛り上がれます。
オレンジレンジつながりでロコローションやラブパレードも盛り上がります。

 

8.ぶっ生き返す



マキシマムザホルモンを歌って盛り上がらないことは絶対にありえません。
爪爪爪でも絶望ビリーでも100%盛り上がります。
問題は3パート(亮君、ダイスケはん、ナオさん)を
分担できるハラペコ(ホルモンファンの通称)が揃っているかどうかということです。

 

9.世界の終わり



ミッシェル・ガン・エレファントの不朽の名曲。
大学生世代が子供のころに解散したバンドなので若い世代の知名度は高くありませんが、
ロック好きのミッシェル好きは異常なほどです。
音楽が好きな人達が集うカラオケであれば間違いなく盛り上がります。
同じリフが続くので歌唱力は求められますが、
短い曲なので全力投球してもなんとか息切れせずにすむかもしれません。

 

10.日本印度化計画



大槻ケンヂが好きな大学生は多いですが、筋肉少女帯が好きな大学生は少ないです。
それでもこの曲は盛り上がります。初めて聞く人が多くても問題ありません。
なぜならこの曲は初めて聞く一回目が一番盛り上がるからです。
キレのいいクールなメロディから生み出される、
完全に悪ふざけとしか思えない歌詞が笑いを誘います。

盛り上がりますが出落ちなので最初のサビが終わったら
自分で演奏停止を押す勇気も必要かもしれませんね。

 

まとめ



今回はテンポ早めで歌いやすい曲を集めてみました。
選曲はなんであれカラオケで盛り上がる最大のコツは自分がノリノリになることです。
恥ずかしがらずに大きな声を出すことが一番大切ですね。

2014年10月22日

written

by マーガレッ�%8


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop