現在17272個の困ったを解決できます!

2014月6月12日更新

大学生にもおすすめなお酒の資格!持っているとオシャレかも。

4023 views

秘書検定やFPなどではなく、もっと趣味感覚で取得できる、オシャレな資格を取りたいです!おすすめを教えてください。(大学1年生・女性)




 

TOEICや簿記、秘書検定、建築士・・・


大学生のうちに取りたい資格はたくさんありますよね。


その中でも、もっと気軽に楽しめて


飲み会の席で人気者になれるお酒の資格があるのをご存知でしょうか。


お酒の資格というとワインソムリエなんかが思いつくかと思いますが


敷居が高くてとても受けられない・・・と諦めてはいませんか?



 

実は、もっと身近で誰でも受けられるお酒の資格って


いろいろあるんです。


今日はその中から特にオススメの2つをご紹介します! 




日本ビール検定



2012年に第1回が開催されたばかりの、できたてのビールの検定、


略して「びあけん」です!(公式サイトはこちら



 

受験級は3級〜1級まで。今はまだ年に1度のペースでの開催ですが、


すでに全国4カ所の会場で受験が行われています。



 

ビールの歴史や、製法による味わいの違いなど


ビール好きなら誰でも知りたくなる内容なので、


勉強するのも楽しくなること間違いなし。



 

成人であればどなたでも受験可能ですので、


まずは公式テキストを購入して次回開催に備えたいですね。



 



 

ちなみに、満点合格者には嬉しい特典もあるようです。


(第1回では、ビール1年分のプレゼントがありました。)


 これは、頑張って勉強して満点獲得を目指したい!



 

また、合格者には有料で、


ビール検定合格認定カードや名刺も申し込めるサービスがあります。


ユニークな自己紹介として持っておくと


社会に出てからも話題の人になれるかもしれませんね。



 

ワイン検定



ビールの検定があれば、ワインの検定もあるんです。(公式サイトはこちら



 

ワインの資格は、ソムリエに始まり、


ワインアドバイザーやワインエキスパートなど、


ランクに寄っていろいろな資格があります。



 

ですが、そのほとんどの受験資格に、


「◯年以上の実務経験があること」という条件が入っているので、


飲食店等で働いていない趣味の方には受験が難しいんですよね。



 

そんな、趣味のワイン好きの方が気軽に受験できるようにできているのが


この「ワイン検定」です。まだワインのことをあまり知らない初心者におすすめ。



なんと試験の前に90分の講習があるので勉強もできて一石二鳥。

試験はティスティングなしの筆記試験問題のみとなります。

 

実際にワインを扱うレストランやホテルが試験会場になっていることも


魅力のひとつです。


その後のテリトリー開拓としても足を運んでおきましょう。



 

合格したあとに認定申請をするともらえるバッジもお洒落で自慢したくなりますよ。



 

この他にも、少し変わり種の面白い資格はたくさんあります。


これらの検定で得たビールやワインのうんちくを使って、


あなたが飲み会の主役になる日も近いかもしれません。



 

ぜひ、楽しく美味しいお酒ライフを送りましょう♪


〜お酒はハタチになってから〜



 

Muo

2014年6月12日

written

by muo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop