現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月3日更新

あと5分だけなら…二度寝が気持ちいい5つの理由

9089 views

いつも二度寝してしまします…でも二度寝ってなぜあんなにも気持ちいいのでしょうか。(大学2年生・男性)

二度寝

© Skellington

朝起きるとなんだか怠くて寝ていたいという気持ちになりますよね。
起きたけど、あと少しだけ寝ちゃおっかと二度寝することは誰でもあるはず。

今日は授業サボってしまえ、誘惑にも負けてしましそうになります。
なぜ二度寝はこんなにも気持ちいいのでしょうか。

 


1.気持ちいい心理がはたらく



二度寝って心地いいですよね。
気持ち良すぎる快楽の気持ちが働くのです。
寝ていたいから、もう一度寝ることが自体が心理的に安心感をもたらします。
快楽と同時に苦痛から逃げたい気持ちも働きます。

起きるのが辛くて嫌だ、今日のスケジュールは面倒くさくてたまらないと思ってしまうものです。
良くも悪くも本能が寝ていたい気持ちに誘惑されて眠りに誘われてしますのです。
 

2.疲労やストレスの解消の物質が出ている



実は寝起きってコルチゾールが大量に出ているんです。
ストレスを和らげて、大きな安心感を感じさせてくれる副腎皮質ホルモンの一種です。
だから起きてもうとうとしてて気持ちよくなり幸福感をもてます。
目をつむって数分ほど夢心地にいることは体にいいのです。
 

3.布団が余計心地よく感じる理由



二度寝の状態は、体は眠っているが脳が起きている「レム睡眠」です。
体が休んでいる分、温かくてふわふわした布団や枕からやわらかい刺激を受けています。
柔らかくて布団が離してくれない状態は仕方がないことなんですね。
 

4.睡眠不足解消



レム睡眠は仮眠と同じ状態でもあります。

頭をスッキリさせるので、5分程度、あえて二度寝するのもありです。

5.夢の続きを見られる



夢うつつの中の気分でいるため、起きる前に見た夢の続きを見られるのです。

二回寝てしまうと罪悪感が湧きますが、悪いことじゃないのですね。

しかし寝すぎや昼間まで寝てしまい朝に弱くなってしまったら大変です。
 

二度寝のデメリットは次のとおりです。



・寝すぎてしまい夜寝付きにくくなる。

・起きにくくなって遅刻してしまう。

・生活のリズムが崩れて健康や美容にも影響が出る。

グッスリ寝すぎても逆効果ですね。
寝すぎてしまうと浅い睡眠が続くため脳が休息を取らない時間が増えます。
そして体内時計が崩れるだけでなく、自律神経やホルモンのバランスが崩れます。
さらにメエラトニンの分泌が乱れて、細胞にダメージを与える活性酸素を取り除く作用が弱まります。
そこで二度寝しても大丈夫な習慣を身に付けましょう。

・朝は日が入るようにする。

人間は朝に太陽の光を浴びることで、全身が目覚める性質を持っています。

・寝だめは悪循環になる。長時間の二度寝しやすい上に、起きるのが嫌になって授業をサボる癖がついてしまいます。

・寝不足を避け、十分な睡眠時間を確保する。

疲労が溜まっていると起きづらくなります。
二度寝を満喫するのであれば、休日や朝余裕のある時に5分間が理想です。
寝すぎても普段起きている時間の2時間以内にしましょう。
そうすれば生活のリズムも崩れにくく、程よい睡眠を得られます。みなさんもよき睡眠ライフを送りましょう。

2014年11月3日

written

by かず


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop