現在17274個の困ったを解決できます!

2016月4月30日更新

男性がドキッとする!?女性におすすめのモテカクテル8選

44853 views

デートでバーに連れて行ってもらうことになりました!でも、バーって初めてで、何をオーダーすればいいのか分かりません。正直、飲み会でもイマイチ、メニューに書いてあるカクテルがどんなものか分からないし…。女の子向けのお酒を教えてください。(大学2年生・女性)


カクテル


© Sergey Nivens - Fotolia.com



大学生になると、ちょっと大人なデートもしてみたい…!




お洒落なレストランやBarに連れていってもらったとき、




何を頼めば良いのかわからなくて不安!




そんな女子たちのための「モテカクテル」




これを頼んでおけば、男性に「おっ」と思わせる8種類のお酒をご紹介します。




ピーチフィズ






見た目も味も可愛らしい、




ピーチのカクテルの人気が高いことはいうまでもありません。




特に、ピーチフィズは甘ったるくなく、サッパリしているので飲みやすいです。





ピーチリキュールにレモンジュース、




グレナデンシロップ、ソーダ、の組み合わせが一般的。




色は透き通ったピンク色で「神秘的な女の子」を意識させるのに最適。




ライチソーダ






ライチ系のカクテルもたくさんありますが、




シンプルで間違いないのが定番のライチソーダです。




ライチリキュールにソーダを加えただけ。





お店ではDITAというリキュールを使っていることが多く、




「ディタソーダ」「ディタスプモーニ」なんていうメニューがあったら、




それはライチ系のカクテルだと思ってください。




色は透明で味も爽やか。「クールな女性」をアピールできます。




オレンジブロッサム






ジンベースのお酒で、




ちょっとお酒の強さに自信のある女子にはもってこいのカクテル。




ジンにオレンジジュースを加えたこのカクテル、




色はオレンジジュースのような外見です。





「ノリの良い女子」を目指すなら、この1杯は飲んでおきましょう。




モスコミュール








ウォッカベースの人気カクテル。




度数も強いのでお酒好きの男性と一緒に飲むなら喜ばれるかもしれません。




ウォッカとライムジュース、ジンジャーエールを混ぜています。




お店によっては、生ショウガを擦って辛口ジンジャーを利かせていたり、




ライムをスライスしてつけていたり、奥の深い1杯を楽しませてくれます。





「親しみやすさ」を印象づけられるカクテルです。




スプモーニ






こちらも女の子人気の高いカンパリをベースにしたカクテル。




カンパリにピンクグレープフルーツジュース、




トニックウォーターを混ぜ合わせたものが一般的です。




カンパリは香草系リキュールなのでほろ苦い香りを感じるかもしれません。





色はオレンジに近い濃いピンク色。




「おしゃれな女の子」をアピールしたければこのメニューを。




カルーアミルク





お酒に弱い女子でも飲みやすい、甘〜いミルクカクテル。




コーヒーリキュールであるカルーアと牛乳を合わせただけの




簡単カクテルではありますが、




度数は意外に高いので




アルコールに弱い方は、店員さんにミルク多めで注文しておくと安心です。





「甘えん坊の妹系女子」で萌えさせてしまいましょう。




キール・ロワイヤル






ちょっぴり背伸びしたいなら、シャンパンベースのカクテルがおすすめです。




キール・ロワイヤルはシャンパンにカシスリキュールを入れたもので、




シャキっとした辛口の中にカシスの甘酸っぱさが広がるスッキリした飲み口です。





「高嶺の花」と思われたい大人女子にはもってこい。





ダイキリ






ラムベースで、度数の強めなカクテルです。




ラムリキュールにライムジュースかレモンジュースを加え、砂糖を入れるのが一般的。




透き通った透明色で、味わいもキリっとしまった大人仕様です。




年上男性と肩を並べて飲みたい、そんなときにぴったりのカクテル。





「デキる彼女」をイメージさせられる1杯です。




いかがでしたでしょうか。




今回はいろいろな角度からモテカクテルを紹介しました。




男性と2人きりで始めてのBar、とても緊張してしまいますよね。




そんなときは思い切って素直に甘えて、




相手に教えてもらうのが1番かもしれません。




あまり無理に背伸びをせず、大人なデートを楽しんでくださいね♪





Muo(むお)

2016年4月30日

written

by muo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop