現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月20日更新

知ってるとモテる!?フットサルのポジション・役割とは

1419 views

気になっている男の子の趣味がフットサルです。会話が弾むようにフットサルについて詳しく知りたいです。(大学2年生・女性)


 

今や学生から社会人まで幅広く人気なフットサル。
応援に行ってもポジションなどわからないと十分に楽しめないし試合後の選手とも会話が盛り上がりません。

そこでフットサルの4つのポジション、役割をまとめたのでこれを読んで男子からの好感度を上げ、他の女の子たちより一歩リードしちゃいましょう。

 

1.ゴレイロ



サッカーで言うキーパーを意味します。ゴーリーなどと呼ばれることもあります。
基本的にはサッカーのゴールキーパーと同じポジションですが、

コートが小さいフットサルではキーパーのパスがそのまま攻撃の起点になることもあります。
守るだけでなく、攻撃もする重要なポジションになります。

 

2.フィクソ



サッカーで言うディフェンスです。フィックスとも呼ばれます。
フットサル陣営のダイアモンドの底辺に位置します。守りに重点を置いたポジションです。

さらに攻撃の際には、最初の起点となることが多く、パス回しの中心として、
ゲームをコントロールする役割がありとても重要なポジションです。

サッカーで言う、ボランチ( サッカーで、守備重視の攻撃の起点となるプレーをするミッドフィールダー。)
の役目も含まれていると考えましょう。

 

3.アラ



サッカーで言うサイドです。ダイヤモンド型陣営のサイドを担うプレイヤーです。
アラだけはコートの左右両サイドに位置しますので二人になります。

ときには、ドリブルで突破したり、スペースでパスを受ける動きをしたり、
積極的にゴールを狙うプレーも必要になります。
ですので攻撃と守備と両面をバランスよくこなす必要があります。

さらに、相手にボールを奪われたら、すぐに守備に入り、
味方がボールを持ったら、すぐに攻撃に入る。
そういった、素早い攻守の切り替えが必要になります。

 

4.ピヴォ



サッカーで言うフォワードです。トップ、ピボット、とも呼ばれます。
フットサル陣営のダイヤモンドの先端に位置し、攻撃の拠点となる選手です。
なんといっても一番の仕事はやはり得点をとる事です。

サイドの選手から上げられたセンタリング(フィールド左右の敵陣深い位置(ペナルティエリア付近)
からゴール前を狙ってロングパスを蹴ること。)をシュートしたり、自分で持ち込んでシュートしたりし
率先して得点を狙っていくポジションです。

しかし、シュートだけがトップの仕事ではありません。
後ろからのパスをキープして、サイドの選手に落としたりディフェンスの選手に戻して、後ろからシュートさせたり得点に絡む全てのプレーが必要になってきます。

一番攻撃性が高いポジションになりますが、もちろん敵がボールを持ったときは、最初のディフェンスをすることも必要になります。

 



画像出典:futsal

 

4つのポジションだけなのでそんなに難しくはないですね。

こういったフットサル専門の呼び方を使うチームもありますが、ややこしくならないように11人制のサッカーに準拠した呼び方を使うチームも少なくありません。

しかしこういったことを頭の片隅にでも置いておけば、フットサルをしている男子と話した時にちゃんと知ってくれているという好印象になり、会話も弾むこと間違いなしです。

 

2014年10月20日

written

by なつき


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop