現在17272個の困ったを解決できます!

2014月9月29日更新

iPhoneを紛失したときに見てほしい5つのチェックポイント

228 views

iPhoneを失くしてしまいました。すぐにすべきことを教えてください。

(大学1年生 男性)



 


今や私たちの生活に欠かせなくなったiPhone。

紛失してしまった場合、個人情報や大切な記録が戻ってこないなんてことも・・・

無くしてしまった時、何をすれば良いかを知っておけば安心ですよね。


もしもの場合に備えて対処法を学んでおきましょう。


 



1、自分の携帯に電話をかけてみる



初歩的なことですが、これで見つかれば儲けもの。

電源が入っているかどうかも確認ができます。

バッテリーの残っているうちに出来ることは全てやっておきましょう!


 



2、「iPhone を探す」のアプリで位置を確認



まず試していただきたいのはこちらのアプリ。

デフォルトで入っているわけではないので、

もしもの場合に備えてインストールと設定をしておきましょう。


バッテリーが切れるまでの時間との闘いになります。

なるべく早いうちに手は打っておきましょう。


 



iPhoneを探す設定方法 –紛失前の準備編-



※こちらのアプリを利用するにはAppleIDが取得されていることが前提となります。


・まずはこちらからアプリをダウンロード

https://itunes.apple.com/jp/app/find-my-iphone/id376101648?mt=8

・iPhoneの設定画面よりiCloudを選択、サインイン。

・位置情報の利用許可についてOKを選択

・iPhoneを探す アプリをONに設定


こちらの設定をあらかじめ行っておかないとアプリを入れていても意味がありません。

今すぐにでも設定しましょう。


 



紛失後の操作方法



1.https://www.icloud.com/ へアクセスします。

アクセスは友達の携帯からでもPCからでもOK。ただし、AppleIDとパスワードを覚えていないとログインができません。

2. 検索したい端末に設定したAppleIDとパスワードを入力しログインします。

3. 「iPhoneを探す」を選択

4. マップが開き、端末の位置が表示されます。


こちらのアプリでは位置を確認するだけではなく、サウンドを再生、

パスワードの設定、iPhoneのデータを全て消去などの遠隔操作が可能です。


初めての操作だと戸惑ってしまうかもしれないので、

一度試しておいた方が良いかもしれません。


 



3、回線をストップ



もし見つかるまでに時間がかかりそうな場合は、早いうちに回線をストップしましょう。

悪用されたら元も子もありませんから。見つかった後に回線を再開させれば何の問題もありません。


 



4、各社の携帯捜索サービスを利用する



ざっと見たところ、一番手厚いサービスをしてくれるのはソフトバンクさんでしょうか。

いずれにせよ自分の利用会社のサポートを予め知っておけば安心なので調べておきましょう。


 




5、あとは警察へ。。。



ここまで来てしまったら心優しい人が拾って届けてくれるのを待つのみです。

警察だけでなく、心当たりのあるお店や利用したタクシーなど思いつく限り連絡してみましょう。

予想外の場所に届いていたりするものです。


 


以上、iPhoneを無くした際の対処法をまとめました。

有力なのは「iPhoneを探す」のアプリを利用することですが、予め設定が必要なので

この際に準備しておきましょうね。


アプリの設定の他にも小まめにバックアップを取っておけば

最悪、新しい携帯を買わざるを得なくなった場合でもすぐに復元が可能です。


iCloudにバックアップ取る習慣をつけましょう。

無くしたiPhone が早く見つかることを願っております。


 


 



2014年9月29日

written

by nk


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop