現在17272個の困ったを解決できます!

2014月9月29日更新

カメラを趣味で始めたい人への5つのステップ

2448 views

カメラを趣味にしようかと考えています。何かアドバイスをください!(大学1年生 男性)


カメラが趣味の女性

© WavebreakmediaMicro - Fotolia.com

カメラを趣味にしたい!と思ったけど、何から始めればいいのかわからない、
きれいな写真が撮れたらいいな、と思うけど、難いのかな・・・

そんな思いで二の足を踏んでいるなら、思い切って始めてみませんか?
趣味でカメラを始めるステップ、ご指南します!

 

1,カメラ選び



カメラを始めるなら、まずカメラがなくては始まりません。
どんなカメラを買うか迷う所ですが、ここは予算と相談して下さい。

一眼レフ、コンパクトカメラ、どちらでも構いませんが、無理して高価な
カメラを買う必要はありません。但しコンパクトカメラを買う場合はマニュアル
操作が出来るものを選んで下さい。

 

2,ともあれフィールドへ



カメラを買ったらフィールドへ出て、まずは写真を撮ってみましょう。
マニュアルや取説なんか読む必要ありません。こう言うと乱暴なようですが、
それらは、後から必要な部分だけ読めば事足りるのです。まずは撮る事です。

街中、公園、森、山に川に海に、被写体はいくらでもあります。思いつくまま、
インスピレーションの命ずるままにシャッターを切っていきましょう。
(但し、道行く他人を勝手に撮影するのはトラブルの元。注意しましょう。)

デジカメはフィルムが必要ありません。メモリカードの容量が許す限り、100枚
でも1000枚でも、心ゆくまで撮りまくって下さい。初めのうちは、とにかく枚数を
撮ることです。

 

3,取った写真を吟味する



写真を撮ったら家に帰ってパソコンに取り込むなり印刷するなりして、
よく見返してみましょう。この時、ただ漫然と見るのではなく、自分が撮りたい
写真はどんな写真なのかを考え、実際に撮ってきた写真と自分のイメージと
どこが違うのか、よく吟味してみることです。

つぎにGoogleなどで画像検索をして、自分の撮った写真と似た写真を探して
みましょう。その中から自分のイメージに近い写真を探してみます。

そして自分の撮った写真をどこが違うのか、どうすれば自分のイメージに
あった写真になるのか、比較検討してみるのです。そうすることで、自分が
撮りたい写真のイメージが次第に固まってきます。

 

4,テクニックを学ぶ



イメージが固まったら、そのイメージを実現するテクニックを学んでいきます。
例えば構図を変えるだけで、写真は劇的に変化します。また、背景をボカしたり、
花や虫に近づいて接写したり、カメラの機能やアクセサリーを利用したテクニック
もあります。それら具体的な技術を、必要に応じて学べば良いのです。

それらの技術や知識は、カメラの入門書を読んでもいいですし、テクニックを
レクチャーしているサイトをインターネットで探して読むなどしても良いでしょう。

その際に、注意すべきは、欲張り過ぎないことです。自分のイメージした写真を
撮るために、最低限必要なことだけを調べて下さい。他の知識やテクニックは、
後々必要になった時に、改めて調べれば良いのです。

 

5,アクセサリー類を買い足す



ここまで来ると、イメージにあった写真を取るために必要な、カメラ以外の、
小道具が必要になってきます。一眼レフなら望遠や広角などの交換レンズが
欲しくなるでしょうし、コンパクトカメラでもレンズフィルターなどが必要になる場合
もあるでしょう。

その他にも、三脚や防水ケースなど、撮影局面に応じて、様々なアクセサリーが
必要になるケースが出てきます。撮りたい写真に必要な分だけ、オプションを買い
揃えていけばよいでしょう。

ここまで段階を踏んで来たことを実践し、自分のイメージ通りの写真が撮れたら、
もうカメラが楽しくて仕方なくなっているはずです。あとはどんどんイメージを広げて、
自由にカメラを愉しめば良いのです。

カメラを趣味にする。それは技術や知識を学ぶことよりも、まずは撮影を楽しむこと、
それが一番大切なことなのです。自分でイメージして撮影し、その仕上がりに自分が
満足する。趣味のカメラに要求されるのは、ただそれだけなのです。

 

 

 

2014年9月29日

written

by りゅう


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop