現在17272個の困ったを解決できます!

2014月9月27日更新

7つの収納アイデアで部屋を見違えるほどすっきり見せる!

1352 views

片付けはサボらない方なのですが、なんとなくすぐ部屋が散らかって見えてしまいます。すっきりと見せるコツってありませんか?(大学2年生 女性)


綺麗な部屋でバランスボールを楽しむ女性

© miya227 - Fotolia.com

「なんだか部屋がごちゃごちゃしている……」
「上手く片付けられない、部屋をすっきり見せたい!」

そんな風に悩んではいませんか?

部屋が雑然と散らかっていると、気分までモヤモヤしてくるもの。
逆にすっきりした部屋にいると、疲れて帰ってきた帰ってきたときでもいい気分でいられます。

そこで、今回は部屋をすっきり片付いて見せる収納アイデアを7つ紹介したいと思います。
今は季節の変わり目でもあります。衣替えついでに部屋もすっきりと一新してみてはいかがでしょう。

1.まず要らないものを全部捨てよう!



「なんとなくとってある」ものや、「特に使わないけどなぜかある」ものをまず思い切って全部捨ててしまいましょう。
読んでいない本は売る、いつか使うと思っているものはどうせ使わないから捨てるなど、思い切って処分してしまいましょう。

一番簡単な方法としては、大きい段ボール箱を3つ用意します。
箱ごとに入れるものを「いるもの」「いらないもの」「どちらでもないもの」に分けて部屋にあるものをどんどん分類していきます。

あとは「いらないもの」「どちらでもないもの」に入れたものを全部捨てるだけ。

これだけでもだいぶ部屋が片付いたはずです。

2.床を綺麗にしよう!



どれだけ清潔な部屋でも、床にものが広げて置いてあったら台無しです。
床にはものを何が何でも置かないと決めて、1で整理したものの整頓を始めましょう。
置き場所がないなら作る、収納ボックスを買ってくるなどしてまず床を綺麗にしましょう。

綺麗な床は綺麗な部屋の絶対条件です。常に綺麗な床を維持するよう心がけましょう。

3.ものを用途ごとにまとめて収納しよう!



本は本棚やカラーボックス、服はクローゼットやタンスなど、物にはふさわしい置き場所があります。
その置き場所を見つけるかまたは作っておいて、使った後はそこに必ずしまうようにしましょう。

使用頻度が高くていつも手の届く場所にあったほうがいいものなどは、用途別にまとめてカゴなどに入れ、棚などにまとめて置いておくと便利です。

4.「おでかけセット」を作っておこう!



出かける前に慌てて「あれがない、これがない」と探し、帰ってきてみたら部屋が散らかっていて更に疲れた……こんな経験ありませんか?

そんなことがなくなるように、「おでかけセット」を作りましょう。

まず大きめの収納ボックスを一つ買ってきて、そこに「出かける時にこれさえあれば困らないもの」を最低限入れておきます。
あとは出かける前にその中のものをそっくり鞄に移し替えればいいだけ。帰ってきた時も同じようにボックスに中身を入れます。
これで出かける前に慌てることもなくなり、疲れて帰ってきて部屋が散らかっていて更にげんなりすることもありません。

5.家具は高さがあまりないものを選ぼう!



高さのある家具を狭い部屋に入れると、圧迫感もあり狭く感じます。

また、昨今の地震の多さから見ても高い本棚などは危険です。
あまり高さのない棚やローテーブルを使って部屋を広く見せましょう。

6.ベッドなどの大きい家具は端に寄せてスペース確保!



ベッドや机、本棚などの家具はできる限り端に寄せて使いましょう。
部屋の真ん中にスペースを作ることにより、すっきり見せることが出来ます。

7.散らかさない習慣を作ろう!



最後に一番大事なことですが、「散らかってる」と思ったらすぐに片付ける習慣を作ることです。
使った物は3章で用途別に分けた収納場所に戻すというそれだけで、部屋が散らかることは最初からありません。
いつでも誰でも呼べるような部屋を作るように心がけておくのがポイントです。

 

さて、収納アイデアを書いてきましたがいかがでしたか?

あなたの部屋は散らかっていませんか?
もし散らかっているなら、折角の機会です。今回の記事を参考に今からでも片付けてみてください。
片付け終わった時には、気分もすっきりしていること間違いありません。

2014年9月27日

written

by 赤吉辰樹


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop