現在17271個の困ったを解決できます!

2014月9月19日更新

人付き合いが苦手でも会話をやりすごせる5つのわざ

981 views

人付き合いが苦手だなあと痛感する毎日です。でも人と接するのに、最低限これさえやっておけば大丈夫!というものがあれば教えてください。(大学1年生・女性)


 
人付き合い

© sunabesyou - Fotolia.com

人付き合いは人生においてとても大切なこです。

ですがなかなか「会話」がはずまなかったり大変なことがたくさんありますよね。

そんなあなたに、人付き合いが苦手でも会話をやりすごせる5つのわざをご紹介します!
 

わざその①【聞き役に徹する】



基本的に人は誰かに話を聞いてもらいたいものです。

なので、相手が話てくることに「そうだよね」「うん」など、とりあえず「共感」してあげることが大事です。

「肯定的」な意見を言ってあげるだけで、相手も満足し会話が苦手でもお互い嫌な思いをすることはないでしょう。

うまくやりすごすにはこの方法が一番無難と言えます。

 

「人付き合いが苦手で会話が続かない」という人は「自分が頑張って会話をしなくちゃ!」と力みすぎてる人が多いように感じます。

自分が会話が苦手だと自覚がある人は、無理をせずに聞き役に徹すればいいのです。

そして、会話の中で入り込める余裕があれば自然と入ればいいのです。]
 

わざその②【道具を使って会話を広げる】



カバンの中に入っているものなどで会話を広げましょう。

例えば「このボールペンもうかなり前から使ってて、新しいものに変えたいんだよね〜」など簡単なもので良いのです。

身近にある目についたものに助けてもらいましょう。

 

またスマートフォンなどを使って会話を広げるのも良い手段です。

インターネットやSNSには常に話題があふれています。

それを利用すれば話題がつきることはないでしょう。

 

わざその③【歩きながら会話をする】



カフェなどで座って向き合いながら会話をすると、余計に緊張などで会話をするのが難しいです。

街を一緒に歩ける状況でしたらそれを有効に使いましょう。

歩いていることで、どんどん景色が変わるため自然と会話が出てきます。

街には色々な人やお店があるため「ここのお店行ってみたいよね!」などと自然に言葉が出てきます。

切り口が開ける情報がたくさんあるので会話が苦痛に感じなくなるでしょう。

 

わざその④【事前に会話を考えておく】



 

会話をするのが苦手だけど、どうしてもその状況が避けられない時があるはずです。

少し余裕がある時に「何の会話をしようかな?」と事前に考えておくだけで気持ちが楽になります。

会話をする相手が、どんなものに興味があるかなどがわかっているのならばその話題を出すとスムーズにいくでしょう。

 

しかし「こう言われたら、この答えを返そう」などと考えすぎていると予想外の会話になった時に困るので

臨機応変に対応できることが大事です。
 

わざその⑤【なるべく大人数で会話をする】



1対1での会話は、人付き合いが苦手な人にとってとても「窮屈」に感じるでしょう。

大人数の中に紛れて会話に加わることで、自分が発言する回数も少なくなりうまくやりすごせます。

運が良ければ頷いているだけでやりすごせる場合もありますが、発言しなさすぎるのは「存在力の無さ」「自己主張が弱い」など

マイナスにとられる時があるので、周りの空気を十分に読みうまく加わりましょう。

2014年9月19日

written

by 大野 僚子


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop