現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月13日更新

実写化されたおすすめマンガ~のだめから剣心まで~

101 views

実写化されたおすすめの漫画を教えてください。(大学4年生・男性)


 

最近では、人気のマンガがドラマや映画で実写化されるとこが多くなっています。

その中で、ぜひ原作マンガも読んでほしい!という作品をピックアップしてみました。

出典:http://www.amazon.co.jp/

・るろうに剣心



る

先日、ついに映画三部作の三作目「伝説の最期編」が公開初日を迎えましたね。原作は、1994年~1999年まで『週刊少年ジャンプ』で連載されていましたが、今でも根強いファンを持つ作品です。

物語の舞台は明治初期の日本。幕末に「人斬り抜刀斎」として世に恐れられた伝説の剣客・緋村剣心は、明治維新後、「不殺(ころさず)」の誓いを立て、流浪人として旅していた。道場の師範代・神谷薫をはじめとした様々な人々との出会いや戦いを通し、動乱の時代を生きた人々の姿を描く。

映画版キャストが発表された際は、佐藤健、武井咲らがキャラクターとマッチしすぎていることが話題になりました。映画が終わってしまって寂しいという方には、ぜひ原作で改めて楽しんでいただきたいです。

 

・のだめカンタービレ



の

2006年に日本でドラマ化されましたが、その後もスペシャルドラマ、映画として登場し、多くのファンに愛されている作品。最近では韓国でのドラマ化も決まり、“のだめフィーバー“はまだまだ続きそうです。原作マンガは、2001年から2010年まで『kiss』に連載されていました。

物語は、指揮者を目指す「千秋先輩」こと千秋真一と、天才的なピアノの才能を持つ「のだめ」こと野田めぐみを中心に、音楽大学の個性的な面々との交流の中で成長していく。

様々な人との交流、将来のこと、自分が本当にしたいこと、大学生の皆さんだからこそ共感できる点も多いと思います。ほっこりしたい時にぜひ手に取っていただきたい作品です。

・ヘルタースケルター



へ

1996年まで『FEEL YOUNG』で連載されていましたが、未だに単行本が書店から消えることがない、伝説と言ってもよい作品です。映像化は不可能と考えられていましたが、沢尻エリカ、蜷川実花がタッグを組んだことにより、豪華キャストでの映画化がされました。

主人公のりりこは、トップスターとして、美貌、地位、名声、欲しいものは全て持っていた。誰もが羨む存在である彼女だが、誰にも言えない秘密を抱えていた。彼女の体は、全身整形により作り出されたものであった。「作り物」である彼女は、心身を徐々に脅かされていき・・・。

女性なら誰もが抱く「美」をテーマに、女の貪欲さ、身勝手さなどが浮き彫りにされる作品です。原作の世界観を踏襲した映画はもちろん、岡崎京子による原作本も一度は読んでいただきたいです。

・花より団子



は

1992年~2004年まで『マーガレット』で連載されており、現在も幅広い年齢層の女性から支持を得ている作品です。2005年から放送されたドラマ版で、胸をときめかせた方も多いのでは?

超一流のお金持ちの子息しか入学できない英徳学園高校に入学した一般庶民の牧野つくし。正義感が強く、負けず嫌いな性格が災いして、学園を牛耳る「F4」からのいじめの標的になってしまう。どんないじめにも屈しないつくしの姿に、世界的財閥企業の御曹司である道明寺司は魅かれていく。

現実にはありえない設定でありながら、道明寺のツンデレ具合、華やかな上流社会などは読者の心を鷲掴みにします。一度読み始めたら止まらない面白さなので、思い切って全巻(完全版で全20巻)揃えてしまうのもありかも。

・テルマエロマエ



て

2008年~2013年まで『コミックビーム』で連載。店頭での宣伝を中心に、瞬く間に一世を風靡したギャグ漫画です。阿部寛らによる映画も2作制作され、どちらも大ヒットしました。風呂をテーマにした新しいテーマが、とても新鮮だったのではないでしょうか。

古代ローマ帝国で風呂を専門とする設計技師ルシウスは、革新的な浴場が乱立する状況に苦悩していた。伝統的な風呂を愛する彼のアイディアが、なかなか世に受け入れられなかったのだ。ある日、いつものように浴場で考えことをしていたが、あまりの騒々しさに耐えかねて湯に身を沈める。そこで見つけた排水溝に足を取られ吸い込まれてしまう。次の瞬間、湯船から顔を上げると見たこともない民族(日本人)が・・・なんと現代の日本の銭湯にタイムスリップしてしまったのだ。

とにかく笑いたい時にぜひ読んでいただきたい作品。生真面目なルシウスの姿は、抱腹絶倒間違いなし!

 

いかがでしたか?世界に誇る日本マンガを、ぜひお見逃しなく。

2014年10月13日

written

by 白倉みのり


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop