現在17272個の困ったを解決できます!

2014月10月3日更新

【新入生必見】大学生が受け取れる奨学金って何があるの?

111 views

大学ってすごくお金がかかると思うのですが、奨学金にはどんなものがありますか?(大学1年生・女性)


 

Shopping money

 

皆さんは、ご自身が大学在学中にいくらお金を掛けているか認識しているでしょうか。

突然すごくシビアなことを言って恐縮です……。今日はそんなお金の話、そしてそれを助けてくれる制度である、奨学金について少しお話したいと思います。

 

 大学に掛かる費用



大学っていくら掛かってる?



高校までと大学からとで大きく違うものの一つに学費の金額というものがあります。私立大学や専門学校に在籍しておられる学生さんは痛いほどよく分かる話ですね。

国公立の方も高校までとは金額の大きさが違うということはお気づきでしょう。『自分は、私立高校から国公立大学に入学したから……』という方も注意が必要です。

初年度の費用そのものでは下がっているかもしれませんが、大学生に必要なのは、大学に納めるお金だけではありませんよ!あなたの教科書、あなたの下宿費用、そして、大学は大抵4年間なんですよ!

 

初年度納付金



ここで数字を挙げましょう。ここ数年国公立大学が独立行政法人化したことで画一化されているわけではなくなりましたが、

 

平成25年度の初年度納付金は、


国公立大学817,800円(文部科学省令による標準額)、


公立大学768,990円(文部科学省の「平成26年度学生納付金調査」)となっています。



 

対して私立大学では、


文系1,149,246円、理系1,496044円


最も高い私立医歯系では、初年度だけで4,664,560円となります。



 

(それぞれ文部科学省「平成25年度私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額調査」

 

在学中にかかる費用(想定)



ただ申しあげたとおり、大学は多くが四年制であり、医歯系と一部薬学系は六年制です。他にも施設費、実習費などが必要になる場合もあります。

 

それらを総計すると、在学中に必要な納付額総計は、


国立大学が、2,425,200円(文部科学省令による標準額)となります。



 

またそれに続いて、公立大2,382,561円(文部科学省「平成26年度学生納付金調査」)、


私立文系3,609,988円、私立理系4,921,792円、六年制私立大医歯系21,769,014円となります。



 

(それぞれ文部科学省「平成25年度私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額調査」

 

まぁ、あくまで平均や概算ですので、大学・学部によってばらつきはあります。
そして、何よりも忘れてはならないのが、下宿や一人暮らしの方は、この上にさらに必要経費が上乗せされるわけですよ……。

 

 奨学金について



そこで奨学金



しかしお金がかかるからという理由だけでここで諦めてはいけません!

これまでの説明で不安を抱かせてしまったかもしれませんが、これらを助けてくれる制度はちゃんと存在ます。それこそ冒頭で少し述べた「奨学金」です。

 

辞書的に言えば、奨学金とは、下記のようになります。

1.学問研究を奨励するために、学者・学者・研究団体などに貸したり、与えたりする金。
2.才能がありながら、貧しいために勉学が続けられない学生のために、貸したり、与えたりする資金。
(引用:小学館「新選国語辞典」)
ここでは、2つ目ですね。ただ、金銭的・経済的な必要性を問わず、学生の能力に対して給付されることもあり、他にも海外留学のための奨学金、交通災害遺児のための奨学金などもあります。

 

奨学金の種類



この奨学金には大きく2つの形式が存在します。それは貸与と給付です。


先進国の多くでは給付奨学金が多いようです。すなわち、与えられるということです。



 

では、日本ではどうでしょうか、

日本では、特別な場合を除いて有担保貸与奨学金が主流です。貸与とは、すなわち就学費用を借りるという形式、有り体に言ってしまえば、借金をしている状態なのです……。この場合、貸与期間が終わると、返済しなければならず、複数年かけて分割返済ということになります。またこの時、利子の有無でも種類がわかれます

※引用:日本学生支援機構「奨学金の種類」

 

これを読んでおられる方はほとんどが日本の方でしょうから、多くの方が返済することにはなるのですが、就職後、返済したという方は、本当にたくさんおられます。せっかくの人生、こんなことで諦めてはいけません。さまざまな制度から自分にあったものを見つけて大いに活用しましょう。

2014年10月3日

written

by 煎茶濃いめ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop