現在17272個の困ったを解決できます!

2014月10月11日更新

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)を使う6つのメリット

3545 views

パソコンに関する資格の、”MOS”って、どのようなものなのでしょうか?また取得するとどんなメリットがあるのでしょう?(大学2年生 男性)


パソコンを扱う女性

© taka

ユーキャンなどの資格講座のチラシには様々な資格が紹介されています。
薬剤事務や医療事務、気象予報士など幅広く資格があります。
その中にMOSという資格を目にした人は多いかと思います。

今回はMOSとはどのような資格なのか詳しく説明していきたいと思います。

 

MOSとは



MOSとは”office”やWindowsを活用する人向けの実践的スキルや幅広い知識を認定する世界共通資格です。
officeというのは、wordやExcelといったマイクロソフトオフィス製品のことです。
このMOS資格に求められるのは、これらのツールを上手く用いて、仕事の作業効率を上げ、生産性が向上させられること。
そうしたスキルを得ること自体もそうですが、就職面接の際にも評価の一因となりえます。

そんな、MOSを取得することのメリットを挙げていきたいと思います。

メリット①



MOSを取得するとパソコンスキルを客観的に証明することができます。
パソコンスキルは外からでは見ることができませんが、MOSを取得していることで、それだけの技術があることを伝えることができます。

wordやExcelは様々なバージョンが出ています。最新のバージョンはword2013やExcel2013です。

このMOSはwordやExcelをバージョンごとで資格取得することが可能となっています。

 

メリット②



資格取得のために試験対策の学習をします。その対策学習が実務力に直結します。
試験は実際のアプリケーションソフトをパソコンで操作する実技試験です。
ですから、資格取得だけではなく対策学習をしていく上で、パソコンの実務力も自然に身についていきます。

 

メリット③



先にも述べましたが仕事の業務や作業効率が向上します。wordやExcelには様々な機能が付いています。
最新の2013バージョンはかなりの機能が付いていますが、それらの機能をフルに活用するとかなり作業効率が上がりますね。

 

メリット④



就職あるいは転職の際に実力アピールにつながります。
パソコンスキルはIT社会の現在では必須の資格となっています。
ですから、就職転職の際にはMOSの資格があるのとないのとでは大分異なってきます。

社内でのデスクワークではほとんどがパソコンを用いた仕事です。
そういった場面でMOSの資格は力を発揮します。

また大多数の企業では新社会人研修等の社員教育にMOSが導入されています。
そういった点からもMOSの資格を取得しておくと大きな強みになるかとい思います。

 

メリット⑤



MOSの試験はパソコンを用いた実技試験であることを先に述べました。
試験管の主観的な判断の必要が無いため、試験の合否結果は試験後すぐにわかります。
また資格取得日から履歴書に記載することが可能ですからスピーディーに資格を活用することができます。

 

メリット⑥



MOSは世界大会が行なわれるほど世界的に資格試験が開催されています。
冒頭でも述べましたがMOSは世界共通資格です。つまり世界で通じる国際資格と言えます。
ですから、日本だけでなく世界で仕事などをされる人にとってはかなりの強みになるかと思います。

 

おわりに



MOSは年齢は問いません。
つまり大学生から高齢の方まで試験を受けることができます。
IT社会の日本で求められているスキルの一つであることに間違いありません。

パソコン操作があまり得意ではない人もこれを機会にMOSの資格取得に励んでみてはどうでしょうか。

公式サイト:http://mos.odyssey-com.co.jp/index.html

2014年10月11日

written

by けん玉


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop