現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月21日更新

片付け上手がやっている部屋を綺麗に保つ5つのコツ

1101 views

どうも部屋が片付きません。どうしたらいいでしょう?(大学1年生・男性)


部屋の掃除をすることでどんな効果が得られるのか?

ただ単に、部屋がスッキリするだけではなく、心もスッキリ整頓される効果がもたらされるのです!だったら常に綺麗な部屋で快適に過ごしたいですよね。

掃除イメージ

© kilala

部屋の乱れは心の乱れ。

スッキリ片付けをして、心に余裕を持たせましょう!そこで大事なポイントが、「部屋を綺麗に保つ」ことです。たいてい部屋を片付けた直後は綺麗スッキリなのに、数日経てばまた乱れてきた・・・なんて事はありませんか?そこで、片付け上手がやっている部屋を綺麗に保つ5つのコツを紹介したいと思います。

 

①物の配置を考える



家 間取り 

© NOBU

まずは広々と快適に過ごせるように、物を配置します。

スペースをとりすぎてしまうような物の置き方や、圧迫感が出てしまうようでは快適に過ごせません。狭い、ごちゃごちゃしているように感じる部屋では、綺麗に保てていると感じる事ができず、片付けする意欲もなくなり、どんどん物が散らかっていきます。なので、広々スッキリ見えるように配置しましょう。

 

②できるだけ収納棚などにしまう



外に物が多く出ていると、ごちゃごちゃしている感じが出てしまいます。

人は目から入ってるく情報に刺激を受けるので、ごちゃごちゃした部屋を見ると気分も落ち込みます。

大きめの収納棚やBOXなどにしまう事で外から見るとスッキリ落ち着いて見えます。

片付けが得意じゃない人でも、とりあえず、棚やBOXにしまえばスッキリ感が保てます。

どこにしまえば良いかわかならい物には「とりあえずBOX」などを決めて、その中に入れて置くのも良いでしょう。

 

③溜め込まない・捨てる



物が多い人は「捨てられない」事が多いものです。

何年も使っていないものでも溜め込んでしまい、結果、どんどん物が増え、しまう場所がなく溢れてしまうという事になるのです。

「今、使っているもの」「使っていないもの」に分け、使っていないものは思いきって捨ててしまう事も必要です。

想い出の物や、どうしても置いておきたい物は収納棚などに置いておいて構いませんが、何でもかんでも溜め込むのは良くありません。

使っていないものは自分にとって必要のないもの。

捨てる事は悪い事ではなく、「断捨離」することで心も部屋もスッキリ出来るのです。

 

④目についたらすぐ片付ける



片付けをして、しばらくするとまた部屋が散らかってくる原因は、ひとつの物を出しっぱなしにし、それを「まぁいっか、後で片付けよ~」と先延ばしにする所にあります。

ひとつ先延ばしにすれば、あっという間に物が散らかり出します。

「また後で・・・」ではなく、目についたら「すぐ片付ける」ことを習慣・クセにしましょう。

すぐ片付けることを習慣にしてしまえば、綺麗な部屋を保てるし、次に掃除をする時も楽になります。

 

⑤インテリアを楽しむ



どういったスタイルの部屋にするか?

レトロ・北欧・アメリカン・キャラクターなど、統一感を持つようにインテリアにこだわると楽しくなります。

インテリアを楽しむと、きちんと整頓したり綺麗に物を飾ったりと、片付けや掃除が苦になりません。

統一感を持つ事で、整頓されスッキリ見えます。

 

 

 

2014年10月21日

written

by olive


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop