現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月29日更新

【女子向け】取って損しない稼げる資格5選

3336 views

なにか資格をとっておいたほうがいいのかなーと考える毎日です。これとっといたほうがいいよ!というものがあれば教えてください!(大学3年生・女性)


資格

© yuuuu

大学を卒業するまでに、少しでも就職に有利な資格、取得すれば将来安泰な資格を取っておきたいですよね。今回は、時代の変化で「これから需要が増える確率の高い資格」を5つご紹介します。

 

① ファイナンシャルプランナー



「マイホームが欲しい」などのライフプランを実現するために必要な資金計画を立て、
経済的な側面から実現に導くことに長けた専門家です。
家計に係わる金融、税金、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度などについて幅広い知識を持っています。
他の資格との相性が良いので、
組み合わせてキャリアを積むことで待遇が良くなります。

 

② 社会保険労務士



快適な職場環境づくりのプロフェッショナルです。
人事配置や企業内教育もそうですが、社内のあらゆるトラブルに対して、
解決策を出していくのがこの資格を有する方の仕事です。

他にも、複雑な年金制度についてのエキスパートであり、年金請求に関する書類の作成代行なども行うことが出来ます。
また、労働・社会保険手続きをサポートする業務にも従事可能です。
独立するには、コネや営業力が大きく作用するので雇用従事の形式で働くほうが賢明です。

 

③ 中小企業診断士



国から認定された経営コンサルタント。
経営に関する相談相手になり、アドバイスや提案をして報酬を貰います。
名に冠する通り、中小企業を対象とした業務の専門家です。
まず、企業から依頼を受けます。
次に、様々な調査を行って情報を集めます。
そして、企業に経営診断報告書を提出して、提案を実行してもらいます。
これが主な業務内容です。
元々は、戦後に「経営に困っている中小企業を指導するため」に設置された資格です。
しかし、時代が変わり、中小企業が未来の日本を技術的に支える存在となったことで、
国は中小企業診断士を「パートナー」と位置付けし直しました。

それによって、中小企業診断士には新たなビジネスと企業とのパイプ役など様々な業務を担うようになり、
近年活動の幅が大きく広がりました。

 

④ 宅地建物取引主任者



主な業務内容は、不動産物件に関して、重要事項説明と重要事項説明書に記名押印及び契約書に記名押印することです。
土地というものは特殊な性質を持っていて、法律が複雑に絡んでいます。
様々な法的規制から、その土地で出来ること・出来ないことが決まっています。
その規制や法律について詳しい人がいないと、不動産業は成り立ちません。
そのために、不動産会社は宅地建物取引主任者を全体に対して5人に1人以上の割合で配置することが定められています。

この資格は、男性取得者が多く、女性目線でのアドバイスができる資格者が業界内に少ないことが特徴です。
不動産系の企業に就職活動をする予定の人は、資格取得を考えてみてください。

 

⑤ WEBクリエイター能力認定試験



近年、ソーシャルゲームやスマホアプリが普及している中、
WEBデザイナーをはじめとするクリエイティブ系の職種では人材不足が進んでいます。
この試験では、市場価値が高く企業から必要とされるスキルについて問われます。

HTML、CSSについての知識やその他WEBサイト制作に必要な知識・技術を問われます。
名前とは裏腹に、試験ではクリエイティブな事柄は出題されません。
この資格だけでWEB製作業務に携わるのは難しいようですが、
一般職でこの資格を持っているとWEBサイト製作能力の証明になり、採用担当者や上司の覚えが良くなります。

 

以上、5つをご紹介しました。
やはり、稼ぐためには楽が出来ないこともあるし、物事の組み合わせによるアイデア創出、時代の流れを読み取る能力も持っておかないといけません。専門性の高い資格を幾つか組み合わせることで周りの人よりも高収入待遇の職につけるでしょう。みなさん頑張っていきましょう!

2014年10月29日

written

by いづな


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop