現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月29日更新

【野菜】カロリー・栄養価別一覧

0 views

最近野菜にもカロリーが結構あるということに気づきました。
ぜひそれを詳しく紹介して欲しいです!(大学4年・女性)


野菜


画像出典:PAKUTASO


最近では「健康」や「美容」を考えて、


「野菜」を普段より多めに摂取しようと努力している人が増えました。


1日に必要な野菜の量は350g以上です。


「野菜」の種類は豊富でどれを食べていいか悩んでしまいますよね。


そして、どの「野菜」にどのような「栄養価」があるのか。


どのくらいのカロリーなのかは意外と知ってるようで知られていません。


そこで今回は「野菜のカロリー・栄養価」をご紹介します!


これを見て、効率よく栄養の高い野菜を摂取しましょう。




【カロリー】



野菜のカロリーは全部低カロリーと思い込んでいる人が多いですが、意外とそうではないです。


【100gあたり】


①枝豆 (135カロリー)


②にんにく (134カロリー)


③そら豆 (108カロリー)


④とうもろこし (99カロリー)


⑤唐辛子 (96カロリー)


⑥西洋かぼちゃ(93カロリー)


⑦じゃがいも(84カロリー)


⑧赤ピーマン(73カロリー)


⑨黄ピーマン(70カロリー)


⑩れんこん(66カロリー)




【ビタミンC】



「ビタミンC」は「美白」や「風邪予防」の効果があり、とても有能な成分です。


【100gあたり】


①赤ピーマン (170mg)


②芽キャベツ (160mg)


③黄ピーマン (150mg)


④パセリ (120mg)


⑤青ピーマン (76mg)


⑥にがうり(75mg)


⑦レッドキャベツ(68mg)


⑧ブロッコリー(54mg)


⑨カリフラワー(53mg)


⑩グリーンボール(47mg)




【カリウム】



「カリウム」は「むくみ」など「塩分」のとりすぎを排出してくれる役目をしてくれます。


【100gあたり】


①さつまいも1個 (450mg)


②干しひじき10g (440mg)


③ほうれん草4−2束 (370mg)


④枝豆50g (350mg)


⑤納豆1パック (330mg)


⑥こねぎ(320mg)


⑦マッシュルーム(310mg)


⑧レッドキャベツ(310mg)


⑨ミニトマト(290mg)


⑩とうもろこし(290mg)




【鉄】



「鉄」は「貧血」が起きないように助けてくれます。


【100gあたり】


①パセリ (7,5mg)


②大根の葉 (3,1mg)


③菜の花 (2,9mg)


④小松菜 (2,8mg)


⑤枝豆 (2,7mg)


⑥サラダ菜(2,4mg)


⑦そらまめ(2,1mg)


⑧サニーレタス(1,8mg)


⑨春菊(1,2mg)


⑩リーフレタス(1,0mg)




【カルシウム】



「カルシウム」は「骨」や「歯」を成形してくれ、とても大事な役割をしてくれる成分です。


【100gあたり】


①小松菜 (150mg)


②チンゲンサイ (120mg)


③春菊 (120mg)


④こねぎ (100mg)


⑤枝豆 (76mg)


⑥ほうれん草(69mg)


⑦サニーレタス(66mg)


⑧グリーンボール(58mg)


⑨リーフレタス(58mg)


⑩サラダ菜(56mg)




【食物繊維】



「食物繊維」は「便秘」や「ダイエット」の手助けをしてくれます。


【100gあたり】


①乾しいたけ (7,5g)


②ごぼう (6,1g)


③にんにく (5,7g)


④ぶなしめじ (4,8g)


⑤生しいたけ (4,7g)


⑥枝豆(4,6g)


⑦えのき茸(4,5g)


⑧エリンギ(4,3g)


⑨にら(4,3g)


⑩西洋かぼちゃ(4,1g)


いかがでしたでしょうか?
「野菜」というものについてよくわかったのではないでしょうか。


「野菜」は豊かな人生を送るうえで必要不可欠な食べ物です。


食べて損をすることがない程「栄養」がたくさんあります。


これを参考に「健康」を意識した、バランスの良い食事を心がけましょう。

2014年10月29日

written

by 大野 僚子


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop