現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月8日更新

実は結婚にまで影響する、借金としての奨学金

5807 views

奨学金を返せない人が増えてるとのことなのですが、本当ですか?(大学1年生・男性)


重なっているお金

大学生の皆さんにはまだ現実味の薄い話かもしれませんが、将来、結婚することになった場合のことを考えてみてください。結婚相手の人から「実は俺、借金があるんだ」という意味のことを言われて、冷静でいられるでしょうか?たいていの人が「えっ?」と思うはずですよね。

借金の原因と金額にもよりますが、たいていの人が結婚を考え直す、というのが現実です。しかし、現在、こういうカップルが増えているのです。
いったい、なぜなのでしょうか。

1.そもそも何が原因なの?



その原因は、「学生時代の奨学金」です。つまり、「奨学金を返せなくて、それが借金として残ってしまっている」のが現状なのです。長引く不況と物価の上昇で、奨学金を受給している学生は、全体の3人に1人といわれています。

2012年の数字で言うと、約132万人もの人が奨学金のお世話になっています。もはや、奨学金を借りることは、珍しいことでもなんでもないようです。

2.いくら返済しなければいけないの?



しかし、これだけ身近になった奨学金ですが、就職難などの理由で、返済を滞納する人が増えているといわれています。では、最大でいったいいくら返済しなければいけないことになるのでしょうか。一番奨学金では有名な「日本学生支援機構」の奨学金(第二種=利子あり)を例にとって考えてみましょう。

生活費と学費を合わせて毎月12万円の奨学金を借りていたとします。これが大学4年間(=48ヶ月)続いたとしましょう。利子が3%とすると、返済総額は約780万円にものぼります(返済期間20年とする)。

つまり、とんでもない金額の借金を大学を卒業した時点で背負うことになるわけです。毎月の返済金額は3万3000円程度なので、返せる見込みがない、という金額でもありませんが、それでも負担になることは間違いないでしょう。事実、「結婚する予定だけど、奨学金の借金があるからなかなか難しい」「奨学金の返済が溜まっているから、結婚しても貯金やちょっとした贅沢もできないかもしれない」という悩みを口にする人は多いです。

3.何が起こるの?



また、先に述べたように「結婚するときの障害になる」ということ以上に、問題となっていることがあります。奨学金は「返さなければいけないお金」なので、「借金」といっても過言ではありません。滞納すれば、それだけで信用情報機関に事故情報として掲載されてしまいます。これは何を意味するのでしょうか。

あなたが社会人になって、クレジットカードを作りたい、と思ったとします。また、お金が急に必要になって、消費者金融などに融資の申し込みをしたとします。これらが全部断られてしまうことになるのです。最低でも5年間はそういうことが続くと思ったほうがいいでしょう。こういった相談が弁護士事務所に相次いで行われている、ということが、この問題の大きさを物語っています。

4.アルバイトをすればいいのでは?



では、「それでは奨学金をなるべく使わないようにするためにアルバイトすればいい」と思った人もいるかもしれません。確かに、アルバイトをするのはいいことですが、奨学金を使わないで生活しようと思うなら、それなりの時間、働くことが求められます。

アルバイトが忙しすぎて、勉強がおろそかになってしまう、ということになりかねません。肉体的にも精神的にも疲れて、楽しい大学生活とは無縁の生活になってしまうことも考えられます。それに加えて、学業成績が落ちれば、奨学金自体を打ち切られる、ということも考えなくてはいけません。

5.まとめ



「とはいっても、うちはあまりお金がないから奨学金をもらわないとやっていけない」という人もいるはずです。その場合、大学が独自に出している返還不要の奨学金をもらうか、日本学生支援機機構の代一種奨学金(利子が要らない代わりに条件が厳しい)を狙うのが一番いいかもしれません。「奨学金はれっきとした借金である」ということを意識し、無理のない学業資金計画を立てましょう。

画像引用 ぱくたそ

2014年11月8日

written

by あねぱん


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop