現在17274個の困ったを解決できます!

2016月1月16日更新

あなたも和風美人になれちゃう♡着物メイクのコツ6選

63939 views

着物メイクのコツってなんですか?(大学4年生・女性)

着物を自分で着付けて、いざ化粧をするといまいちになってしまうという経験はありませんか?


普段どおりのメイクより濃い目にすれば大丈夫と思ってやってみても実際に写った写真を見てみると、


ちょっと肌がくすんで見えたりします。




このような失敗が無いように着物メイクのコツを5つ紹介したいと思います。


これであなたも和風美女です。








化粧のベースから始まっている!着物に似合うのはずばり「マット肌」


和装 メイク 肌 ベースメイク


画像出典:楽天 きもの舞姫


着物に似合う肌はずばり「マット肌」「セミマット肌」です。マット肌といわれてもピンときませんよね?


マットというのはツヤが無く凹凸が無いという意味です。




パールやラメが入っているファンデーションは塗るだけでツヤが出ますし凹凸感も出ます。


これだと立体感が出て着物には合いません。着物には陶器のような無機質な美しさが似合います。




和装は身につけるもの自体が光ります。そして普段の洋服よりも色鮮やかで派手です。


そのため顔もツヤが出るものを使うと、着物や髪飾りに負けくすんで見えるのです。


それ以外にもマット肌は目元や口元のメイクを映えさせる効果があります。








眉は顔の雰囲気を作るのに大事なパーツ!しっかり描きましょう


和装 メイク 眉毛


画像出典:楽天 創美苑




着物が華やかなので、眉毛が薄いと顔の印象も薄くなります。


なのでしっかり濃い目に、そして長めに描いた方がいいでしょう。




また、まとめ髪をしていると、髪の毛が顔にかかっていない分肌の色が多く見えて顔が大きく見えてしまいます。


眉毛をしっかり描く事で顔の大きさを多少ごまかしてくれます。








眼力が大事!アイラインをしっかり引いてパッチリと


和装メイク 目元


画像出典:楽天 SWEET ANGEL




顔がぼやけないよう、顔のパーツははっきりとするようにメイクすると良いでしょう。


目は特にしっかりメイクしないと、眉毛と同様に印象が薄くなります。




アイラインは太めに描きます。洋服だと可愛らしい印象になるたれ目は控え、どちらかというと切れ長な目を意識しましょう。


アイシャドウは目のきわに濃い色を付けますが、それだと立体感が出てしまいます。




着物はあくまでマットで!なので、同系色のグラデーションを使い、濃淡が目立たないようにします。


下のまぶたに色をつけるのも和風で素敵です。高度ではありますが、舞妓さんのように目尻に赤を付けると一気に和風に仕上がります。




まつげはビューラーをしっかりとかけると目が縦に大きく見えます。


普段の洋服ならそれも可愛らしいですが、着物美人は切れ長の目が印象的ですのでビューラーはあまりかけないほうがいいでしょう。


そしてマスカラは、まつげ全体に付けず、目尻側につける事により、切れ長に見えます。








チークを普段のメイクの場所から変えるだけで大人っぽさが増す!


和装メイク チークの位置


画像出典:楽天 SWEET ANGEL




笑って一番盛り上がったところにチークを入れるととても可愛らしい印象になります。


着物で可愛らしくしたいのなら、耳の前、かみ合わせ部分から小鼻に向かい真横にチークを入れます。


ですが、せっかくの着物なので、ここは大人っぽくメイクします。




こめかみ部分からほほ骨を通過し小鼻の横まで入れます。チークは淡い色を使います。


薄くふわっと乗せると可愛らしい印象に、しっかりめに入れると大人っぽさが増します。








口元にポイントを持ってきてみましょう!


和装 メイク口元


画像出典:楽天 創美苑




唇もなるべくマットに仕上げます。そして小さめに仕上げます。


実際の唇の輪郭よりも内側に描きます。そして輪郭をしっかりと描くことにより口が小さく見えます。


口紅の色も着物の色味によって変わります。着物がおとなしい印象のものなら、口紅もおとなしくします。


着物が華やかなら口紅を濃くします。




目元をアイシャドウで目立たせない代わりに口元にポイントを持ってくることでとても華やかな印象を与えます。





和小物で髪型も統一


和小物


画像出典:楽天




メイクがばっちり決まっていても、ヘアセットがいつもどおりではもったいないですよね。


縮緬や和柄のアクセサリーを用意してさっと髪に差すだけでも印象は見違えます。


お化粧とのバランスに、髪型のことも考えておきましょう。






ここまで見ていくと、洋服の時のメイクだと駄目だったのだと気づかされます。




ですが、共通点もあります。服が変わればメイクも変わります。


洋服も色や雰囲気によって印象を変えるように着物も同じです。


せっかくの着物ですから是非顔が映えるよう、着物メイクに挑戦してみてください。

2016年1月16日

written

by アンジュ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop