現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月23日更新

CPA(公認会計士)合格率の高い会計大学院まとめ

6627 views

僕は公認会計士になりたいです。試験を受けるために大学院に行こうと思うのですが、合格率が高いところを教えてください。(大学3年生・男性)


画像引用:ぱくたそ

会計系の資格はたくさんあれど、難易度において最高峰といわれるのは、公認会計士試験です。
一昔前なら、大学在学中に合格するか、大学を卒業したあとに勉強して合格するか、という試験でした。

しかし、最近では会計大学院と呼ばれる専門職大学院に通いながらこの試験への合格を目指す人も増えてきました。
そこで、会計大学院の中でも、公認会計士試験に強い学校についてまとめてみました。

 

 1.早稲田大学大学院会計研究科



日本を代表する名門大学として名高い早稲田大学。この大学にも会計大学院があります。
大学のネームバリューともあいまって、人気は高いです。毎年、50名近い公認会計士試験合格者を輩出しています。
参考までに、2013年は在学者39名、修了者14名の計53名が合格しました。

入試方法もさまざまなものがあり、一般入試に加え、英語が得意な人向けの「英語力重視入試」、
ITに強い人向けの「IT・数理能力重視入試」などさまざまな入試があります。
もし、あなたに「自分はこれが得意だけど!」という分野があれば、入試に活かしてみてもいいかもしれません。

 

大学公式ページ:http://www.waseda.jp/accounting/

 

 2.明治大学大学院会計専門職研究科



学部には商学部、政治経済学部、経営学部と3つもの経済系学部を擁する明治大学。
そのため、経済、商学分野の教育には定評があります。
もちろん、この会計専門職研究からも公認会計士試験に多数の合格者を輩出しています。
2013年は在学生、卒業生合わせて13名の合格者が出ています。

カリキュラムは、財務会計論、監査論などの基本的な会計科目に加えて、
租税法や金融工学など、周辺分野の知識も身につけられる幅広さが魅力です。
入試は一般入試が基本ですが、特別奨学生入試もあるので、
学費を安く抑えたいという人は目指してみてはいかがでしょうか。

 

大学公式ページ:http://www.meiji.ac.jp/macs/

 

 3.関西学院大学大学院経営戦略研究科(会計専門職専修)



高い知識を持つ職業会計人の養成を目指して設置された大学院です。
もともと、関西学院大学は商学部からも公認会計士試験合格者を多く輩出している、
この分野においては一定の実績を収めている大学です。合格実績ですが、
2012年には14人の合格者を輩出しています。

また、変わった制度としては、「研修員制度」があります。
これは、大学院を修了し、卒業したあとでも、経営戦略研究科の研修生として
図書館やコンピュータ室など、大学のさまざまな施設を使うことができるという制度です。
「大学院を卒業したら、落ち着いて勉強できる場所がなくて・・・」とお悩みの人にはうれしいものです。

 

大学公式ページ:http://www.kwansei-ac.jp/iba/as/

 

 4.立命館大学経営大学院(アカウンティングスクール)



他の大学が商学研究科の一部として会計専門職大学院を置いていることが多いですが、
立命館大学は経営系の大学院の一部として会計専門職大学院を置いています。
そのため、他の大学に比べて経営学関連科目の授業が充実しているのが特徴と言えるでしょう。

また、一人ひとりにアカデミック・アドバイザーがついたり、
個別学習スペースが確保されていたりするなど、勉強する環境が整っているのがセールスポイントともいえます。
また、企業人事のプロを招いてガイダンスなども行っているので、監査法人だけでなく、
一般企業の就職にも役立ちます。
キャンパスも大学院専用の建物なので、とても静かです。

 

大学公式ホームページ:http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/mba/acounting/

 

いかがでしたか?
公認会計士試験は大学院に通わなくても受験できますが、
大学院に通えば一部の科目が免除になるなど、それなりにメリットが大きいもの。
予算とやりたいことを勘案して、納得のいく学校選びができるといいですね。

 

2014年10月23日

written

by あねぱん


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop