現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月20日更新

とってもジューシー!札幌の絶品ステーキ店6選

8306 views

札幌の絶品ステーキ店があれば教えてください!(大学4年生 男性)


 

美味しい牛肉が食べられることでも有名な北海道は札幌のステーキ店。
せっかく美味しいステーキを食べるなら、分厚いボリュームたっぷりのお肉?
それとも口の中でとろけるような極上の霜降り肉?
どちらも満足な、とってもジューシー!札幌の絶品ステーキ店6選をご紹介します。

 

ステーキハウス 牛の松阪





画像出典:ステーキハウス 牛の松阪

札幌で唯一、全国のブランド牛を扱う鉄板焼きのお店です。
厳選された道産牛から最高級の松阪牛、神戸牛、米沢牛などを楽しむことができます。

人気のメニューは十勝牛のサーロインとハンバーグのセット。
目の前の鉄板で焼いてくれるステーキは焼き加減も絶妙でご飯が進みます。

ハンバーグもつなぎ無しの和牛100%で、焼き加減も選ぶことができます。
付け合わせのローストオニオンや、ななつぼし米も評判の味です。

 

炭火肉焼き倉庫 ConoYoshi





画像出典:炭火肉焼き倉庫 ConoYoshi

長くて大きいカウンター席が特徴の店内でシェフが厳選したお肉を炭火焼きで頂けます。
プレミアムビーフの美瑛産A4和牛リブローススライスや十勝A4和牛サーロインなどがあります。
ハムやサラミ、ソーセージなどのメニューも充実しています。

こちらでぜひ食べたいのが、USビーフ「アメリカンカットステーキ(サガリ)」です。
塩胡椒のみのシンプルな味付けで、柔らかながら肉本来の味と旨みを楽しめます。
また、〆に食べたいのがシンプルで出汁のきいたスープが美味しい「鴨めん」です。

 

ベガーズハーレム





画像出典:ベガーズハーレム

1950年代の電気蓄音機から流れてくる音楽でアメリカンな雰囲気いっぱいのお店です。
巨大なスペアリブ、分厚い黒毛和牛ステーキ、浜中町の猟師さんから送られてくるエゾ鹿肉もあります。

牛肉は北海道産、九州産の黒毛和牛を使用していて、安全で美味しい食材を厳選しています。
サーロイン、リブロース、テンダーロインの3種から選べるステーキは150gからです。

オススメの黒毛和牛テンダーロインステーキは、柔らかくさっぱりした脂身が美味しい。
チャックロールという牛肩ロースもボリューム満点でシェアして食べるのにピッタリです。

 

いしざき





画像出典:食べログ

北海道で自社飼育している但馬系黒毛和牛を生のままで食べられるほどの鮮度で提供するお店です。
こちらの牛肉は、脂ののった霜降り肉でも、風味豊かで意外とあっさりして食べやすいものです。

数量限定ですが、牛一頭からわずかしかとれない極上シャトーブリアンを食べることができます。
ヒレ肉の上質な柔らかさと脂ののった肉の甘みを味わえる一品です。
柔らかさはヒレ肉の比ではないほどで、口の中で溶けてなくなってしまうような食感です。
鉄板で焼かれたお肉はパンの上に乗せてくれ、肉汁を吸ったパンも後で焼いてくれるのもニクイところ。

 

43°STEAKHOUSE





画像出典:43°STEAKHOUSE

厳選された道産牛の赤身肉を骨付きのまま仕入れ、店内の熟成庫でドライエイジングして提供します。
骨付きのまま、高温のオーブンで一気に焼き上げ、熱々の大皿で出される約4センチの厚切り肉は圧巻。

付け合わせはマッシュポテトやほうれん草のペーストなど4種類の中から2品選ぶことができます。
ステーキの表面は高温で焼き上げられていてカリッと仕上がり、中は肉汁が閉じ込められてジューシー。

発酵バターと肉汁ソースをかけて頬張れば、熟成したお肉の旨みが口いっぱいに広がります。
食べ応えがあるのに柔らかく、脂が控えめの赤身肉は最後の一口まで美味しく頂けます。

 

ザ・ミートショップ





画像出典:食べログ

広く明るい雰囲気のオシャレな店内で、エイジングビーフを頂ける肉料理専門店です。

一番のオススメのメニューは、オーストラリア産ブラックアンガス牛の骨付きリブロースです。
21日間しっかり熟成され、クリーミーでさっぱりしたお肉は、胃もたれせずにペロリといけます。
大きな塊肉を注文後カットしてくれ、食べきれなくてもバケットを添えてテイクアウトもできます。

熟成されたお肉は牛型の鉄板でアツアツで出され、レアからミディアムまで楽しめます。
添えられている山ワサビもお肉と相性抜群で、大きなお肉もサッパリと食べられます。

いかがでしたか。

ステーキ専門店で食べられる極上の絶品ステーキは、食べるそばからチカラが湧きそうですね。
北海道ならではの美味しいステーキ、たまには贅沢にいってみましょう!

2014年10月20日

written

by bocco


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop