現在17271個の困ったを解決できます!

2014月9月29日更新

英検1級の面接を合格するための5つのコツ

1061 views

英検1級の面接を合格するためのコツがあれば教えてください!(大学3年生 男性)


英検1級の面接を受ける女性

© Piotr Marcinski - Fotolia.com

 

英検1級の合格率はとても低く、2次試験の面接では帰国子女でなければ合格することが難しい
とまで言われています。
では、真面目に勉強をしてきても帰国子女でなければ合格できないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

ただ漠然と勉強するのではなく、しっかりとコツをおさえて準備をしておけば大丈夫です。
今回は、英検1級の面接合格に向けて5つのコツをご紹介いたします。

 

 

1.時間が許す限り、ネイティブの方に練習を付き合ってもらう



面接に向けて、過去問題(お題)を見てひたすらスピーチの練習をすることと思います。
その際に自分でやることも必要ですが、ネイティブの方に練習を付き合ってもらい、スピーチの内容と
Q&Aについてしっかりと検証してもらいましょう。
客観的に(試験官の目線で)自分の悪い部分がわかりますし、自分のスピーチに納得していながら
低い評価をもらうと今後の勉強の意気込みにも影響してきます。
また、面接官の1人はネイティブの方なので試験に慣れるという面でもおすすめです。

 

 

2.笑顔で自信をもって話す



試験官の立場になって考えてみましょう。
全く同じ内容を話されたとしても、無表情で自信がなさそうに話す人と自信をもって笑顔で話す人と、
どちらが好印象ですか?

もちろん、後者だと思います。
笑顔・声の大きさに気を付けて自信をもって面接を受けてみましょう。

(練習の時には、スマホなどで録画・録音したり、他人にみてもらうのもいいと思いますよ!)

 

 

3.Q&Aの答えはなるべく45秒以内を心がけること



英検1級の面接ではスピーチの他にQ&Aというものがあります。これは、試験官の質問に対して自分の意見を
述べるものです。
その答えを述べる際には、45秒以内を心がけるようにしましょう。
試験では何か喋らないといけないと思い、つい長くなってしまいがちです。しかし、長くなるのはかえって
マイナスになってしまうので、簡潔に意見を述べるようにしましょう。

 

 

4.質問の意味がわからなければ聞き返す



Q&Aの際に質問の意味がわからず曖昧になってしまうことがあるかと思います。
意味がわからないまま長々と話し続けるというのはマイナスの印象を与えてしまいます。
不安がらずに意味のわからないことは思い切って聞き返すようにしましょう。ただし、聞き返すのは一度だけ。
そうすることにより、マイナスの印象を与えることはなくなります。

(それでもわからない時には、手短に推測で答えていくとよいかと思います。

 

 

5.意見を述べたら必ず理由を説明するようにしましょう。



Q&Aで答えを述べるときに、意見を述べたら必ず理由を説明するようにしましょう。
ここで重要なのは、「意見」を「事実」でサポートすることです。

「意見」+「理由」+「サポート文になる事実」

という形で答えることがベストだそうです。
ちなみに、英検の面接に限らず、英語では意見の後に理由を話すということはとても大切なことなのです。
有名人のインタビューなどを見ても、意見の後に理由を述べている人は多いですよね。

 

いかがでしたか。
英検1級の一次試験に受かったみなさんには、面接にも受かるだけの力は十分にもっているのです。
ただその力を本番で上手く発揮できるかどうかが重要なんですね。
最後に何よりも大切なのは「自信」を持つことです。
自信をもって英検1級の面接に挑んでくださいね。

2014年9月29日

written

by ほなたろう


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop